株式会社 内田工務店

スタッフブログ

思い定まらぬまま

2020年 05月 03日 (日)

日々 あまり良いニュースは無く

「何だかなあ~」は 世の中の共通認識だろう

人の価値観の変動時期の真っただ中

技術屋は やっぱり やれることを 地道にやって行く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とうとう 秋芳ロイヤルが倒産してしまった

会社更生法適用から 約7年間

社長の斎藤君 社員の林君・泉さん 皆よく頑張ったと思う

記者会見の前日

「今までお世話になりました」と 泉さんから連絡有り

わしでも 何か出来る事は無いかと 一美と一緒に

斉藤君の話を 聞きに行ったが

経過を聞くにつけ わしには 何も出来る事が無かった

無力感に襲われ 何とも低調な気持ちのままだけど

「出来る事をしていく」事しか無いのだろう

わしが28歳の頃に 先代(父親=修二)が亡くなった時に比べると

現在の わしの状況は 生易しく

これ位の事では わし自身へこたれるはずも 無いのだけれど

斉藤・林・泉さんを はじめとする 秋芳ロイヤルの従業員の方々は

わしに とって

わしらあ家族に とって

「身内」みたいな 人であり 自分の 内田工務店の 大事な物の一つを 失ってしまった

まだ 秋芳ロイヤルに対して 出来る事は残されていると思うので

もう少し 落ち着いたら 策を練ろうと思う

思い出を ここで連ねても仕方のない事で

「故人」ではなく 秋芳のメンバーは 皆 現在生きている

思い出を語る時ではない まだ あがきたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「防府市台道の大型リフォーム」

内部工事 ほぼ終了

何とか連休前に 形を造る事は出来た

昼から 仮設台所の引っ越し・撤去時期の話に 伺う

連休明けには 外壁取替工事開始

もう少しで 全て完了

 

「春光の平屋」

先週 基礎配筋検査 無事終了

5/11の週より 5/20の上棟に向けて 諸準備を開始

屋根パネル・壁パネル・玄関庇部材・その他諸々の準備

プレカットの最終チェックは 二週間前に終わっているので

無事に上棟の日を迎えるべく 吉松棟梁と 連休明けから諸準備開始

 

「豊穣の家」

先週ようやく 外壁工事終了

軒天工事に入り 5月中旬には 足場撤去

何とも 見ごたえのある 良い家に仕上がって来た

今回初チャレンジの 可動引出(パソコン用)、ブックスタンド

「住まい方アドバイザー」を意識した 収納計画が 盛沢山の家になった

5/20までの 大工工事目途で 最終の追い込みにかかる

完成までの 全ての段取りを 先週付けたので

そのレールに 上手く乗れるよう 各職人衆の手配も終了

自分で言うのも難ですが

今回も 「とびっきり『良い家』」 で ござる

 

「再会の家」

二階の床工事が終了・外壁下地工事終了

一階床 断熱工事&床工事に 移行

5/6には 収納棚位置の現場打合せ・照明&内装の選定説明

リビングに 一番注力されていたYさん

思い以上の仕上げに きっとなって行く

まだまだ 打合せは続く

 

「合歓の家」

先週 材木を見に行った

失礼だが 「あんまり大した木じゃなかろうし・切り出し状態も悪いだろうなあ~」と

覚悟して見に行ったのだが

スミマセン 失礼しました

加工状態も 切り出しも 恐れ入りました

5月末には 乾燥機からの出庫

プレカット工場への搬入

何処に どの木を どの方向で使っていくか

今度は 福岡県 新宮のプレカット工場へ向かう予定

わしは 「現物主義」なので 「現場でしか物は動かない」と 思っているので

やっぱり 福岡へ向かう事になると思う

これはこれで 面白い仕事で

楽しい打合せになると思う

Gさん 一緒に「良い家」 造りましょうね!!

 

「海人の家」

フラット申請・瑕疵保証申請 終了し

連休明けから 地盤改良工事

立会に行く

先週 模型を施主のKさんに 渡した

何だか大変喜んで貰えて

わし作のヘタッピイな模型でも あんだけ喜んでもらえると

今後も 模型作りは 辞められんのだなあ~

図面を見せて 「かっこいい家じゃろう!!」と 何べん言っても

中々 分かって貰えず

模型を渡すと 一発分かり と言うのも 毎回 新鮮ではある

わしにとっては ラフプランの段階から

空間構成・空間の切り取り方・外観を 全て把握したうえでプランニングしているのだが

それが 当たり前なのだが

どうも 毎回 御施主さんと話していて 模型を作る迄 違和感が 双方にあるのは

建て主は 平面から立体の訓練を したわけでは無いからなんじゃと 改めて思う

ともあれ

梅雨入り前の上棟に向けて 走り始めている

 

「寂禅の家」

5/14までを目途に 模型作成

契約書作成

どっから どう見ても 良い家なので

自信満々で 模型作りをする

 

「題意未定の物件」

先週ラフプラン打合せ

現在 2プランの比較をしながら

どちらに決めるのではなく 2プランの精査

いつも言っているが

「建て始めたら帰る事が出来ない」ので

このプランニングの所は

もう これ以上 良い家・良い間取り・良い外観には ならない

と わしも施主さんも 納得するまで プランニングは 続けた方が良い

だって 一生住むんじゃもん

必ず 「これしかない」と言う所が 見つかる

今は 良く分からなくても 必ずその時が来る

 

「秋穂二島の大型リフォーム」

先週 ラフプラン決定し

見積り作業に突入

予算に納まるよう 実施設計&見積り作業に入る

 

他 リフォーム打合せ・工事・見積り 20件以上 抱えたまま

一つ一つ こなしていく

技術屋は 職人は 一つ一つしか 出来ないし

「物造り」 って 本来 そういうもので

「物造り」に 恋焦がれているから こんな 人間に なってしまった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は もう引き渡して 一か月以上経った 「出穂の家」

見学会は 開かなかったが

「見たい人がいたら 連れて来て下さい」と 施主のMさんに言われているので

一部 紹介

60坪の 二世帯住宅

兎に角 大きいです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋芳ロイヤルの事で 気は 晴れませぬが

わしは 内田工務店は 出来る事を 日々 やって行く 所存でございます

 

止まらずに継続する

2020年 04月 25日 (土)

全県に及ぶ 緊急事態宣言の中

現場は 動き続けている

飲食店・旅館業・医療施設・スーパー 全ての業種で

気の毒な事態になっている

生活は止める訳に行かず

今 自分達に出来る事を 粛々として行くしか 無いんだろう

「出来るのに辞めてしまう」「自粛にかこつけてさぼってしまう」

そんな事が 無い様に やっぱり毎日 走り続けているのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・

自分達 大人は良いにしても

自宅待機している 娘の一華を 見てると

子供が 一番気の毒で

ヤマハの教室も無く

昨年度のJOCの 一華作曲「光へ」は

二年前の「折り鶴のはばたき」 昨年の「ラビリンスワルツ」よりも

更にグレードアップしている 良い曲なので

親バカだが 今年も選ばれて 三年連続の選出になるに違いないと思ってたが

選考会自体が中止になり ピティナも全国学生音楽コンクールも中止模様で

子供の士気に関わって来て 可哀そうなものである

こういう時代に育っていく子供は

自分達とは違った価値観・考え方を持つようになるだろう

子供たちが 元気に育って欲しいと 祈るばかりである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人が 子供を育てて行くので

やっぱり 動ける人間は 動いていくしかないだろう

経済活動を止める事は 死を意味しているので

動ける間は 動き続けようと思っている

毎月行っていたセミナー・講習会・会議は全て中止だけど

今ある仕事・こんな時だからこそ出来る事

今年 一杯は そこを基準に やって行くことになる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タップ も よさこい も 無いのだけれど

現場は 動いていて

 

「豊穣の家」

大工工事コツコツ中

井上棟梁・補助 清水大工にて 日々作業中

5月一杯の大工工事完了にて 6月より内装工事に突入

パナソニックのトイレ・IH・食洗機は 納期未定のまま

完全予約制の見学会を開く予定にしている(6月末)

色んな こだわり満載で すんごく良い家に なってきている

 

「再会の家」

外部大工工事ほぼ終了

小江棟梁 一人っきりで奮闘中

5月連休明けから 外部左官の塗り壁工事予定

これでもか!! みたいな広いリビングは 必見で ござる

これまた 完全予約制見学会予定(7月末)

 

「春光の家」

基礎工事中

5月中旬に 上棟予定

すっきりとした 平屋の住まい

担当は 吉松棟梁

住みやすい家になる事 確実である

10月初旬の 完全予約制見学会予定

 

「海人の家」

5月連休明けから 地盤改良工事開始

梅雨入り前に 上棟予定

担当は 井上棟梁

「海人の家」の御施主さんKさんは

Kさんの両親の家を わしが30歳になったばっかりの頃 新築していて

親子二代に渡って 建てさせてもらう事になった

建物に対する考え方は 両親の家を建てた時から 変わって無くて

やっぱり 空間はそのまま表現する内容になっている

圧倒的に違うのは

「納まり」「断熱・気密」「自然素材」が その当時に比べると

月とスッポン 位の違いがあり

大空間でも寒くも暑くも無く

自然素材を多用しても それ程 高額にはならず

雨漏り・納まり対策は 二十年以上の時を経て 確実にグレードアップ

両親の家も 井上棟梁が担当した

今回も 井上さんに納めて貰う事にした

ここは 見学会は開きませぬ(諸事情により)

 

「合歓の家」

6月の工事開始に向け 実施設計中

施主のGさんの奥さんの親御さんが 山を持ってて

「原木を切り出したので その木を使って欲しい」

との 要望

4/27に その木を見に行く

どこの場所に使うかは

その木を見てから考えて行く

家事動線が 抜群に良く

昨年一年間通った 住まい方アドバイザー養成の教訓が生かされている

T型配置は 最高に使い勝手が良いはず

ラウンド動線も ばっちりで

近藤先生に 褒めて貰えることは 必然と思ったりする

 

「寂禅の家」

9月解体工事から開始予定

実施設計・外構計画は ほぼ終了し

来月 本契約予定

野立て看板を発見された縁で ここまで来た

看板で あんなに信用して貰えるとは 思ってもみなかった

御主人は 電気工事関係者で 建物は 熟知しておられて

息子さんは 建築関係者で 納まり・工法・金額が 分かる

そんな人に 認めて貰えたことは 素直に 嬉しい

契約の時には 模型を持参する予定

「これが和風で無ければ 何が和風か?」と言いたい位 え~感じである

またもや 自画自賛だが

 

「防府市 台道の大規模リフォーム」

延々と4ケ月 工事を進めて来た

コロナウィルスの中 なんとか かんとか 食洗機が手当てが付かなかっただけで

ここまで進んできた

連休明けで 内部工事は ほぼ終了し

外壁取替工事に 突入

住みながらのリフォームで 施主のTさん家族には

面倒で辛い思いを させてしまったが

生まれ変わった「我が家」で 温かい生活を送って欲しい

温熱環境は 格段に上昇し

間取りも 家事動線を重視して変更

収納を増やして

良い家に 仕上がったと 思っちょります

 

「題意未定の新築物件」

本日 午後より プラン打合せ

現在2プランに 絞られて来たが

どちらのプランで 建てたとしても

必ず「良い家」に なる

 

山口市 二島の大規模リフォーム

山口市 リフォーム助成受付開始6月に絡めて 4件程度

他 リフォーム打合せ中5~6件

 

コロナウィルスの関係で

問い合わせが落ち込んでいるなあと 思いながら

日々 出来る事を して行く

わしらあ職人は 動いて ナンボなんじゃけえ

日々 突っ走って行く

 

とは言え 連休があるので

わし自身 二日程度 完全休養する予定

現場大工衆も 現場の進捗を見て

「日曜以外に 二日間は休め」と 通達した

 

やるしかない!! エイエイオ~!!!!!

 

 

 

 

未来と現在と過去

2020年 03月 25日 (水)

う~む 日々バタバタしてたら 前回ブログより

約三か月 経ってしまったぞ

ブログは 休眠していたが 今年も 猛烈に走っている

1/3 仕事始め

1/5・6  娘 一華のショパンコンクール全国大会にかこつけて ディズニーシーへ

1/8 「謳歌の家」引き渡し

1/18・19 「紡ぐ家」見学会開催

1/26 「紡ぐ家」引き渡し

1/28 省エネ講習会受講

2/4 HP製作セミナーで 広島へ

2/17 自然素材住宅セミナー参加

2/26 HP改良・工務店パンフ作成打合せに 福岡へ

3/16 「出穂の家」引き渡し

3/21 「再会の家」上棟式

主な行事が これだけあり

その他 新築進行中の「豊穣の家」の現場段取り

「海人の家」図面・見積り 「春光の家」図面・見積り

「合歓の家」図面・見積り 「寂禅の家」図面・見積り

題意未定の新築初回打合せ

その他 リフォーム工事を 11件こなし

リフォーム打合せを 5~6件して

もう それはもう 何が何だか 状態で 仕事を こなしてきた

幾ら忙しくても 失敗や 仕事の質を 落とす訳にはいかず

何を遅らせるかというと 「打合せ」を 待ってもらう

「見積り・図面」を 待ってもらう

何だか 消極的な行動だけど 「現場」を 落してしまう訳には

じぇったいに 出来ない

してしまったら 内田工務店じゃ なくなってしまう

「現場の質」 ここは 第一に しがみつきたい 所なのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

10年前の自分だったら ここまで 仕事を こなせてなかったと思う

先日 瓦屋の「たまちゃん」夫婦&水道屋の「アニキ夫婦」&わしらあ家族で

慰労会みたいな事を 秋芳ロイヤルで 行った

しみじみ話したのは

「あんたらあ(=たまちゃん・アニキ)が いなかったら わしは こうなっていなかった」

事で

「あんたらあ が いるから わしは 安心して仕事が出来る」

事で

「同じ場所で 同じ時間帯で 巡り合えて 本当に良かった」

事で

何回も書いているが 「建築」は

「決して一人では出来ない仕事」で

足場屋・白蟻屋・基礎屋・木材屋・プレカット屋・サッシ屋・建材屋・屋根屋・板金屋

大工・左官・電気屋・水道屋・塗装屋・内装屋・登記屋 様々な職種の人間が

集結して 「一つの家」を 作る事に邁進して

初めて 「一つの作品」が この世に生まれる事になる

この作業は わしが 幾ら旗を振っても 共感して協力して貰えなければ

成し遂げられない作業で

独立して 20年間 日々コツコツと 人間関係・納まりの合理化・意思疎通の簡素化

を コツコツコツコツ 積み上げて

心底 惚れる職人衆に囲まれるようになったからこそ

「良い家」が 出来上がって行くのだと思う

各職人衆が 「うっちゃんじゃったら こう言う と思う」

「内田さんだったら こうする」分かってくれていて

それも 日々 会う度に しつこい位に 「良い仕事をしてくれ・失敗を隠すな」

「失敗の責任は 自分が取る」と 言い続けているから こうなって来たのだろうと感じる

ほんに いつの間にやら すんごい職人集団に なって来た

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去は変えられず 日々 現在の積み重ねで

未来へ向かって 現在を積み重ねて行く

ただただ 地道に 積み重ねて行く

技術屋が 営業や見せ方に 注力しちゃあ お終いなんじゃ

わしは 一介の親方として 日々日々 あがき続ける人生を全うしたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回 コロナウイルスの関係で 特に建材の納期が 右往左往し

入らないとか ありません とか ある中

皆 頑張ってくれて 何とか 工事はストップせずに

順調では無いけれど 何とか 形にはなっている

こんなに 皆が協力的だとは わし 思っちょらんかったよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「謳歌の家」ロフトからの眺め

皆仲良く 元気に この家で 暮らして欲しい

 

「紡ぐ家」リビングの風景

「快眠できます!!」の言葉が 嬉しかった

「再会の家」上棟

担当 小江 棟梁 完成へ向けて これからコツコツコツコツ

小江の作品造りは これから4ケ月続く事になる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ようやく 怒涛のリフォーム工事を ほぼ終え

基本的には これから新築主体 合間を縫ってリフォームになる

このホームページも 手を入れ直して 6年経ってしまったので

新規リニューアルを 図る予定

今まで 「資料請求」の欄も あるような無いような 感じだったので

ちゃんとした 「資料」も 用意する予定

「見学会」も あったり無かったりだったので

今年は 二か月に一回は 必ず開く事に 移行して行く

やらなきゃいけない事 満載だけど 一つづつ やっていく

「なんちゃって資料」は 実は 既に一年前に出来ていて

見学会に来られた方には 渡していたのだが

これからは 出し惜しみせず 興味のある方には 全て無料配布致しまする

内田工務店で建てなくても 読めば必ず為になります

と言うか 家を建てる・リフォームする人は 必ず読んでいた方が良い

じぇったいに じぇったいに 為になります(60ページはあって骨が折れるけど)

いずれ 請求フォームを 作るけど

欲しい方は メール下され

今は製本もしてない状態だけど 内容は ほぼ一緒になる予定の

「家造り 必読書」

「家造りの進め方」「ローンの考え方」「建築業者の選び方」「建築工法のあらまし」

全てが この一冊で 分かったりする

ええ事 書いちょるよ!!

 

さてさて 今日も一日 頑張ります!

 

また来年

2019年 12月 30日 (月)

怒涛の如く 突っ走った一年であった

今年も 色んな事があった

来年も 色んな事が あるでしょう

内田工務店を再開した 20年前から

思わず 多くの人々を 巻き込む形になってしまった

色々に様々に 縁して頂いた方々

一年間 お世話になりました!!

来年も ヨロシクです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先月(11月)より この一か月の動き

11/24 フィッカルフェスティバルにて タップダンス発表会

何だか 毎年 完璧には踏めていない

また来年も精進 微妙に上手になりながら

まだまだ本当の域まで 達しない

終わりの無い 物ではある

11/30・12/1 「謳歌の家」予約制完成見学会 開催

完全予約制で 土曜日は 比較的空いていた(合計3組)が

日曜日は 10:00~17:00まで びっしり8組案内

ゆっくり話も出来なかったけど

興味があったら 次回見学会にも お越し下さい

次回は「紡ぐ家」1/18・1/19 完全予約制

自分で言うのも難ですが

じぇったいに 「良い家」です

自信満々だったりする

12/7 内田工務店IN秋芳ロイヤル 第一弾クリスマスパーティー

あっという間の二時間 これについては 後述

12/15~12/18 ANB会議で いわき市の「共力ホーム」さん視察

いわき市は 遠かった

遠いけど 行って良かった

「共力」さんの スタッフの皆さんに 元気を貰った

ありがとうございました!!

遠かったので 会議の前日(12/15)に 福島県に入り

夜 いわき市内を うろちょろし

12/16~12/17に 会議&共力さん視察

12/17夜に ハワイアンセンターで フラガールを見る

これは 芸術です

ダンサーの意識レベルも高く 本場ハワイで見たショーと比べると

確かに規模は小さかったけど 決して 引けを取る物ではなかった

機会あれば また鑑賞したい スバラシイ物だった

共力さんを含め いわき市の方々は 誰もが 優しく・素朴で

空は 抜けるように碧く

「人の生活」を 考えさせられる 研修旅行だった

まじ本気まじ で 共力さん ありがとう!!

12/21 内田工務店IN秋芳ロイヤル 第二弾クリスマスパーティー

これまた あっという間の二時間

こちらは 第一弾に比べると 人数少ないので 自分自身 余裕で楽しめ

良い休養になった

12/28 「豊穣の家」もち撒き

一週間 雨が降ったり止んだりだったけど

奇跡的に 雨の合間を縫って 上棟からもち撒きまで進むことが出来た

これから6月の完成に向けて Kさん 一緒に良い家造りましょうね!

12/30 本日 内田メモリアル ゴルフ大会

本日にて 本年度の業務は終了

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

年末10月~ここまで 新築工事をしながら 怒涛のリフォーム工事

10月~12月にかけて 13件のリフォーム工事を こなした

山口市のリフォーム助成事業が10月~令和2年3月の期間限定なので

こんなことに なってしまったが こんなにキツキツの工程で 仕事をこなすのは

厳しい毎日になってしまう

来年は 通常通りの助成期間5月~1月に なるであろうので 今年限りだろうけど

職人衆一同 みんな よく頑張りました

やれば出来る

品質を保ちながら 出戻り工事をせず・突貫工事をせず

やれば出来る物ではあると 実感したこの3ケ月だった

リフォーム工事の しわ寄せで 新築工事の着工が ずれ込みそうだけれど

少し 落ち着いて来たので 挽回できると思っている

結局 年内に出来なかった リフォーム工事6件も 来年へ持ち越し

もうしばらく お待ち下さいませ・・・

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

一年の 集大成の 第一弾・第二弾 内田工務店IN秋芳ロイヤルクリスマスパーティー

「この一時の為に 工務店をやっている」と言っていい位

内田工務店の姿・原点は ここにある

今年も 多くの人に集まって貰った

写真は 第一弾の集合写真

毎年 終わってから この写真を眺めるのが わしの喜びで

一人一人の顔を確認しながら

また一年頑張ろう

みんなと一緒に 良い人生を送ろう

良い作品を 一緒に造って行こう

縁してくれて ありがとう

同じ時間に 同じ地域に 巡り合ってくれて ありがとう

そんな 思いに かられる

パーティーの準備は そこそこ大変で

パーティーの一か月前からは 「わしはホテルマンか?」的な作業が多いのだが

縁して貰った 恩返しがしたいし

皆に楽しんで貰いたいし

これは これで楽しい作業では あるのだよ

今年は 甦町屋の人数が少なかったので 西京華伝隊に応援を頼んでよさこい演舞

何時もながら 「わや」である

何が行われているのか 段々収拾が つかなくなり

二時間のパーティー中 催しが満載で

何時もながら わし自身は 何も食べる時間が無く(割り子ソバ二杯は食べたが)

ビールジョッキ片手に 司会進行

始まったと思ったら 怒涛の終焉を迎える

ともあれ 第一弾・第二弾に参加の

OB施主さん 協力業者の愉快な仲間達

一年間 ありがとうございました!

また来年も ヨロシクです!!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

今年は この第一弾パーティーの後 事件が 起きる事になる

いつも通り 二次会のメンバーを 引き連れて

美祢市の「發(ハツ)」へ 直行

楽しく飲んでいたのだが

クロス屋の 水田が酔っ払い飲み過ぎ ゲロゲロしはじめ

そこまでは良かったのだが

深夜1時頃 ソファーで水田がダウンしていた所

あろう事か 見知らぬ店の別の集団のヤンキ-兄ちゃんが

わしらあの集団に 因縁を付けて来て

目ざとく ダウンした水田を発見し

よせば良いのに 救急車を勝手に呼び出し

わしも 發のママも

「いやいや酔っぱらっているだけだから寝てれば元気になる」

と言うも ヤンキ-兄ちゃんは 聞き入れず

「おまえが行かなくても 俺が病院に連れて行く!!」

と 訳の分からない事を口走り

自分勝手に救急車を呼び 勝手に呼んだ救急車を返そうとせず

それどころか ただ寝ているだけの水田と病院に行こうとするので

もう これは 仕方が無い わしが行くしかない

「他人が勝手な口出しするな!! わしが連れて行く!」

「変な因縁つけるな! わしの身内に手を出すな!!」

仕方なく 寝ている水田と救急車に乗る事になる

救急隊員が 水田の頬を叩き 「名前は?」

寝ている水田が 答えられるはずもなく

わしが「水田です」と 答えると

救急隊員は 「下の名前は?」と お聞きになられる

「大工衆ならいざしらず 協力業者の下の名前までは わしは知らん!」

次に 救急隊員は 「住所は?」と お聞きになられる

これまた 寝ている水田が 答えられるはずもなく

わしが「山口市 小郡です」と 答えると

救急隊員は 「詳しい住所は?」と お聞きになられる

「いやいや わしが 知っちょる訳がなかろう 大体の場所しか知らん!」

わしが 喚いていると

水田が 何の拍子か 「住所は・・・・ 小郡4丁目・・・・・」つぶやいてしまう

いやいや 水田君 君ね

山口市4丁目が無い様に 防府市4丁目が無い様に

小郡4丁目は 無いけえ!!

新町とか緑町とか黄金町とか なんか「町」が 来てからの4丁目じゃけえ!!

当の本人の水田は 「小郡4丁目・・・」の つぶやきの後 また寝入ってしまい無反応

それを受けて 救急隊員さんは 病院へ連絡

「緊急搬送!緊急搬送! 患者は名前言えず・住所言えず 意識混濁!!」

「緊急搬送受け入れ願います!!」

一件目の病院は 受け入れて貰えず 二件目の病院はOK 直行する

搬送され 救急治療室に入り 見守っていると

お医者さんから「部外者は 出て言って下さい!」

怒られて スゴスゴ廊下の長椅子にて待機

点滴を 受け終わったのか

待つ事一時間余り 水田君 復活!!

すこぶる元気満載!! 顔色良し!!

水田 開口一番「内田さん 三次会行かないですか?」

「僕 寂しいですよ もう少し 飲みたいですよ」

オ~ ノ~ お前の口から そんな言葉が出て来るとは

わし 経験不足だったよ・・・

治療室から出て来た看護婦さんからは

「あなたの方が 顔色悪いですよ」

そりゃあ そうじゃろう

わしは 昨日は朝の4時から 仕事をしている

今まで 寝ておらん

昼飯も晩飯も 食ってはおらぬ

おまけに しこたまアルコールを摂取している

この状態で 顔色が ええ訳がなかろう

看護婦さんから 水田に質問

「住所は どこですか?」

水田は 元気に 「小郡4丁目です!!」

おいおい 小郡に4丁目は 無いんだってば

お前なあ じゃから 小郡の何町の4丁目なんじゃ!!

水田 「え~っと え~っと 分かりません」

看護婦さん曰く

「免許証持ってないんですか?」

水田 おずおずと免許証を 取出し

目出度く 山口市 小郡 新町4丁目 が 住所であることが判明

水田や お前が 自分の住所を把握しちょらんから

そもそも こんな目に 陥ってしまったんじゃないか

わしゃ もう 疲れたよ

看護婦さんに「タクシー呼んで下さい」と 要望

看護婦さん「色々探しましたが この時間は タクシーは もうやってないです」

「じゃあ何時から やってるんですか?」

「恐らく 6時過ぎでしょうね・・・」

他人事だと思って さらっと返答された

「じゃあ どこに居たらいいんですか?」

「ロビーで 朝まで待っていて下さい」

ち~~~~ん

水田と二人で 病院の廊下の長椅子で

肩を摺り寄せ合い 待機する事となった

いかんせん 寒い 寒すぎる

段々 腹が立って来て

「このホテルには 布団も無いんかい! サービス悪すぎるぞ!!」

喚いていると 怒鳴り散らしていると

看護婦さんが 迷惑そうに ペラペラの毛布を一枚だけ 持って来てくれた

水田と肩を寄せ合い 長椅子に寄り添い

膝の上に 二人で ペラペラ毛布を置いて

する事も無いので 語り合う

水田曰く

「内田さん 両親に 『謳歌の家』を見て貰いました!!」

「佐賀から 一人で出て来て 心配している両親に

自分の仕事(クロス屋)を見て貰って 両親喜んでました!!」

「父親は 建築関係の仕事をしているんですが 内田さんの仕事褒めてましたよ!!」

「わざわざ 佐賀から出て来た両親に 良い物見せられました!!」

ありがたい 話ではある

けれども 寒い

わしゃあ 疲れた

延々 一時間余り 水田と語らい

4時頃 板金屋の大ちゃんから わしにTEL有り

「しんちゃん! どうしたんじゃ 救急車で行ってから連絡ないから

皆心配しちょるよ 今 どんな状況なん?」

大ちゃんや わしゃあ 連絡したよ

水田の上司の 富田君の携帯に 病院に着いて すぐに電話したよ

じゃけど 出んのじゃもん きっと寝ちょるんじゃもん

わしに どうせえちゅうんじゃ

こっちは 大丈夫じゃけえ みんな とっとと 寝て下さい

また 水田と語らい

5時になり

きっと 秋芳ロイヤルの誰かは 起きてくれていると思い

秋芳ロイヤルに 緊急連絡

「迎えに来て下さい!」

「内田さん 何処にいるんですか?」

「そんなん分からん ちょっと待って!」

守衛室に携帯を持ったまま駆け込み

「ここ どこですか!?」

「美祢市立病院です!」

その一時間後 ようやく わしと水田は救出され

無事 秋芳ロイヤルに 辿り着くことが出来た

メデタシ メデタシ

部屋に辿り着き すぐに 意識を失い

妻に ゆすり起こされたのが 朝の8時

「しんちゃん どうしたん!! 帰りが遅いから死んだのかと思ったよ!」

妻と一華に 長い長い夜の話を聞かせた

妻は 怒り心頭

「もうダメ!! 今日から 水田君の名前は『水田 新町 4丁目』にするよ!!」

娘 一華は 大喜び 「水田新町4丁目」「水田新町4丁目」「水田新町4丁目」

連呼する

言葉の響きが 非常に良いらしい

一華が 嬉しそうに 名前を叫ぶのが 愛妻は気にくわないらしく

「もうダメ 長すぎる 『水田4丁目』にするわよ!」

「いや それでも 長すぎる 彼は今日から『4丁目』よ!」

おめでとう 水田君 今日から君の名は 『4丁目』になったよ

御両親にも 報告しておきなさい

御両親も きっと喜ばれる事だろう

・・・・・・・・・・・・・・・・長い 長い 秋芳ロイヤル関連の 一日だった

人間 24時間 戦える ものではある

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

余計な 話を しましたが

みなさん 一年間 本当に ありがとうございました!!

ホンニ ホンニ 感謝です!

来年は 内田自身は 1/3から

大工衆は 1/5だったり1/6だったりから

仕事を始めます

 

良い お年を お迎え下さい!!

 

ホンニ ホンニ ありがとう!!!!!

 

 

 

 

 

 

人が先か 技術が先か

2019年 11月 21日 (木)

う~む 前回ブログ更新から 既に2ケ月が経っているのか・・・

あまりに 恐ろしく時間が 過ぎ去っているものよ

そうこうしてたら もうすぐ

「秋芳ロイヤルIN内田工務店 クリスマスパーティー」の

第一弾・第二弾を 迎えてしまう

この時間の経過の速さは びっくりぽんだよ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回ブログから とうとう10月(もう11月の下旬なんだけど)に突入し

申請していた 山口市リフォーム助成事業の対象物件を 一件ずつ 着工~完工している

只今 5件ほぼほぼ完工済み 今年度中に 今かかっている物も含めて5件 取り掛かり

今年に出来なかった申し訳ない物件は 来年工事になってしまう

今年中に したかったのだけど

全て リフォーム済みの 快適な空間で住んで頂きたかったのだけど

ゴメンナサイ 間に合いませんでした スミマセン

現在 大工衆が5人の状態の内田工務店では これが精一杯でした

幾ら忙しくなっても 「大工工事を外注する」発想は わしには無いので

待ってもらうか 他の建築業者を選んで頂くかしか 手は無いのですよ

「申し訳ない」と 思いながら 今年度中 フル回転で 仕事をしていきます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「謳歌の家」

11/30・12/1の予約制完成見学会に向け もう少しで ほぼ完成

駐車場土間や塀やアプローチ工事を 同時進行中

自分で言うのは 難ですが 「とっても素敵な家」です

予約制なので 見学会の予約は お早めに!!

現在4組 申し込み済です

 

「紡ぐ家」

大工工事コツコツ中

こちらの 予約制完成見学会は1/18・1/19です

二世帯住宅 約60坪の大迫力

またもや 「もんの凄く良い家」を 造ってしまう事になる

わしらあって 天才じゃないかと思ってしまう

誰も わしの事を 褒めてくれないので 自画自賛である

 

「出穂の家」

外部左官工事終了 大工工事は 後二か月程度か

夏休みに 上棟したのに まだまだ大工工事は終了しそうにない

手間暇かけて 造って行く

 

「豊穣の家」

建築確認申請許可 本日降りたので 来週から基礎工事

12/25上棟 12/28の餅撒きに向けて これから準備

 

「再会の家」

本体建築前に 納屋が無くなってしまうので

約20坪の倉庫を建築中

こちらを年内に ほぼ完成させて 納屋の荷物を

新築倉庫に移動後 納屋を解体した跡地に 新築する

・・・・・・・・

この「再会の家」で 家族みんな暮らし

子供たちは 成長し 巣立ち

でも やっぱり 帰って来ようね

必ず又 会おうね 話そうね

人は 出会い 別れ 永遠に「出会い・別れ」の繰り返しをするけれど

生まれて来ても 別れる時が 来るのだけれど

必ず ここで この家で また会おうね

ここは 皆の故郷だから

この家は 皆の想いが詰まった場所だから・・・

そんな想いで 題名を 付けてみた

良い家に 仕上げたい

 

「海人の家(うみんちゅのいえ)」

ラフプランが出来る段階で 題名を付けるのは すごく珍しいが

海に まつわる題意は最初から決定していたので

このテーマで 家造りを 進める事にする

先日 ラフプランが 最終決定し

いよいよ 実施設計にかかる

ラフプランから 実施設計期間は 約一か月

練りに練って わしの「想い」を 図面化して行く作業に入る

「海人の家」に ふさわしい作品造りに 突入する

 

「題意未定の防府市 国衙の家」

来年10月着工に向け ラフプラン打合せ中

着工まで 時間があるので こちらは ゆっくり一つずつ進んで行く

 

「題意未定の防府市 大道の家」

本日 第一回目ラフプラン打合せ

二週間に一度ペースで 会いながら 理想の家造りをMさんと一緒に見つけて行く

 

「題意未定の宇部市 則貞の家」

設計契約して貰ったので 先日現地を見に行った

南西の角地 道路と周辺環境の関係を 目に焼き付けて帰った

来週 ラフプランと見積り提出

Gさん 一緒に 良い家 造りましょうね!

 

「リフォーム工事 諸々」

・防府市 大道の 全面大規模リフォーム 来年1月着工開始に向け 最終打合せ

・山口市 朝倉 カーポート&土間工事(約80㎡) 11月末~12月頭

・秋穂 宮の旦の浴室・脱衣室改装工事  スミマセン 来年初旬予定です

・小郡 新町の浴室改装  スミマセン 来年2月頃予定です

・秋穂 中条のリフォーム スミマセン 来年1月からです

・山口市 平井の色々リフォーム 年末~年始に工事予定

・山口市 平井のLDKリフォーム 12月工事予定

・山口市 江崎のWCリフォーム 12月初旬工事予定

その他に・・・

・見積書作成&打合せ要 5件

・工事ほぼ終了 請求書作成 7件

・打合せ済み 見かかり工事 3件

・OB施主さんの御宅のメンテナンス 毎週1~2件ペース訪問 手直し

 

兎に角 今年はリフォーム助成事業開始が10月に なった影響で

10月から リフォームが 順番待ち状態になってしまい 迷惑のかけっぱなしである

例年なら4月から助成開始なので ばらけて工事できるので 結構余裕があるのだが

今回ばかりは 「参りました」の状態です

「待って頂ける工事」しか お受けできないのが 辛い所ですが

待って頂けるのなら わしは 必ず打合せに行っておりますので ヨロシクです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

と この様な 工事状況の中

 

「母の病状」

目が覚める事は無い 右半身が動くことは無い と 医師から宣告されたに関わらず

奇跡的な回復をとげ 現在 結構歩けるようになり 流動食だが自分で食べれるようになってきた

まだまだ しゃべれず 意思表示も十分出来ないのだけど

意識レベルが 赤ちゃん程度なのだけど

リハビリを頑張っている

愛妻 一美が ほぼ日参してくれて

週に一度行くか行かないかの わしと比べて 物凄く気にしてくれて

ホンニ感謝している

一美は 元々 感情の量の多い人間だと思っていたが

ここまで 義理の母親にしてくれるとは・・・・

ありがとう 感謝です

「お礼に チューを」と しょっちゅう言っているのだが

この提案には

「OK 言いたい事は分かった 遠慮しとく ヤメテ!!」

拒絶反応が 著しい

なぜだ 減るもんじゃ無し チューくらい してあげるよ

愛を取り戻そうぜ!!

わしの願いは 彼女には届かないらしい

届け! わしの純愛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他の動き

10/13 娘 一華のヤマハ エレクトーンフェスティバル アンサンブルに同行

一華・愛華・彩乃のミラクル☆ファンタジスタ 残念 地区ファイナルに進めず

全員 ピアノ畑なので ペダルが十分使えない状態は エレクトーンでは致命傷か?

音も音楽も 良いんですけどね・・・

10/23 「家造りサポート協会の総会」全国には 結構頑張っている工務店が一杯ありまする

勉強会や今後の取り組みについての会議4時間

11/10 一華のJPTAコンクールに同行

やらかしてしまい 残念 奨励賞

「やらかさなかったら 行けたのでは」は 一美の感想

そうかも知れないけど これは これで 勉強だよね

11/14 「住まい方アドバイザー講座」昨年行けなかった

第二回目「片付けについて・原因」を 5期生と一緒に受講

近藤さんから呼び出され

「内田さん 合格だけど 頑張らないといけないよ」

「キッチンの片付け方の手順は 全然出来てなかったよ」

「基本は出来てるけど 住まい方アドバイザーの事をしっかり勉強してね」

「これから頑張って貰わないといけないから しっかり意識してね」

そうなのです

なんとか合格は していたのです

でも かなりな特例処置っぽいので あります

そりゃ そうだよな

同じ4期生の熱心さと わしの度合いは 違い過ぎると実感しちょります

今回 同じく再受講していた 高知の高橋さんなんか

夜行バスに乗ってまで12回の受講を完工

世には頑張っている女性の なんと多き事か

今回11回受けてみて(一回はパス)

各地に意識の高い女性が沢山いる事を再認識した

やらなきゃいけない事満載だけど

それはそれ これはこれで

「住まい方アドバイザー」を意識しながら仕事に励みます

近藤先生 これからもヨロシクです

11/17 一華のショパンコンクールINアジアの予選に同行

親バカかも知れないが 弾き終わった瞬間 優勝を確信

ほらね 金賞取れたじゃん

来年正月は 東京にて全国大会

目指せ 最終アジア大会

音を吟味し リズムを復唱し 想いを込め

一華なら きっと その場所に行けるよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日々 仕事をしていて 思うのだが

人の行動は 「その人の性格・癖」でしかないと 感じている

建築と言う職業に従事し 日々 物造りに携わり

そこには 系統付けられた論理と技術が必要で

いくら「想い」が あっても 技術を伴わないと へんてこな物になってしまう

「想いは あるけど勉強不足なんだよね」とか「想いは あるけど経験不足なんだよね」

なんて言葉は わしは 大っ嫌いである

建物は 文学と工学が融合した物で わしは そうだと解釈していて

公共建築なら 文学・意識レベルが高く 納まり(技術)が わやくちゃ も あるかも知れないが

(実際 カッコイイ・素敵な建物は 構造上の欠陥が多い)

わしが 携わっているのは「住宅」で

そこに 納まり(技術)が伴わない物を入れるのは 断じて出来ない

それを やっちゃあ お終いなんじゃないか

わしも 人間なので間違う事はある 知らない事の方が多い

じゃけど 知らんかったからと言って 言い訳しちゃあ お終いになってしまう

人は 生んでくれた人・家庭環境・周辺環境で 性格・癖が 決定され

その「性格・癖」ゆえに 色々な職業を選び

その職業の中でも「性格・癖」ゆえに 職業の熟練度合いが違ってくる

「技術が先だから 人が出来る」とは 到底 思えないのだよ

人があるから 技術を学ぼうとする

人があるから その先に進もうとする

わしは そんなものじゃないのかと思う

引き渡しの時に Yさんと話している中で

「フランチャイズやメーカーって 商品なんで 決まっていなければいけないんですよ」

と わしが 話すと Yさんは

「それって コンビニじゃないんですか? どこで売っても同じ物なんでしょ?」

そう返答されて

ああ そう言う事だったのか

わしの感じる 「誰が やっても同じ物が出来る」の言葉の違和感は そこだったのか

ANB(全国工務店会)で 良く話題になる

「入社一年目でも 10棟契約出来る」「技術が無くても 現場が回る」

「個々のスキルに頼らない 設計レベル・コーディネートレベル」

そんな言葉の数々に 戸惑い・違和感を覚え 嫌悪する

それは わしが 「技術が先ではなく 人が先だ」と 思い続けているから

聞く言葉に 違和感を覚えるのだと

Yさんと話していて 気付いた

家造りには 沢山の職種の人間が集まり

仮設・基礎・白蟻・木材・建材・住器・サッシ・大工・解体

左官・電気・水道・塗装・瓦・板金・建具・畳・廃棄処分・掃除

登記・土地斡旋・銀行・許認可機関・検査機関・設計・監理・・・・・

その一つ一つは 歯車に見えるかも知れないけど

一つ一つに 一人一人に その育った環境・家庭があり

歯車かも知れないけど その職業に携わる意識があり

職人なので「良い物を造りたい」「良い仕事をしたい」常の思い入れがあり

わしには その一人一人が 歯車には見えないのだよ

「依頼してくれるのも 人」「造り手側も 人」

人が物を造る としか 思えないのだよ

人なので 失敗もする 思い悩む事もある

でも なんとか しようと思う 上がって行こう・進んで行こうと思う

思うのは 人なのだよ

皆 それぞれの役目を持って生きている

歯車なんかじゃ ないと思う

「あなた じゃないといけない」理由が あると思う

技術を ないがしろにしては 決していけないのだけど

出発は 人でありたいと思う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一華のコンクールに同行して

小学4年生の段階で

中国地方・九州地方で「上手い・出来る」子も 粗方 覚えて来て

小学1~2年の時には思わなかったが

4年生となると 既に その子その子のカラーが 出ていて

みんな一生懸命 練習して

一杯泣いて 毎日泣きながら練習して

笑う事は 一瞬しか無くて

それでも ピアノを 毎日毎日 練習して

一華や それで良いのだと お父さんは思うよ

君の音は 君にしか出せない物に 段々なっていると感じてるよ

君の性格だから癖だから

練習も もっとやってる子に比べると やっていないけど

それも含めて 一華なんだと お父さんは思うよ

お父さんが4年生の時は 宿題もせず 石ばっかり投げてて

日々 な~んも考えんで 遊んでて

お父さんと比べるのも変だけど よ~やっちょると思ってるよ

辛いかも知れないけど

基礎は大事で ハノンは大事で ヤマハの基礎練習も大事で

それが出来るのは当たり前で

君の進むべき場所・進みたい場所は まだまだ その先にある

君の性格だから癖だから

どう技術を学んでいくか 君の方法で やっていけば良い

お父さんは 一華が 大好きです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

万葉や

夏休み 工務店でバイトしてくれて

模型を一緒に造って お父さん楽しかったよ

お父さん あまりに仕事が忙し過ぎて 万葉に 付き合ってやれず

各現場に 置き去りにして 大工衆の下テゴを ずっとさせていたが

見て欲しかったのは 各人 各職人が

何を思い どう動き どう造って行っているのか

と言う事で

「物は人が造る」のを 実感して欲しいからで

わしが そうとしか思えない所を 万葉にも感じて欲しいからで

君が 建築学科に進んでくれたことは 素直に嬉しく

今の所 「同じ道を進みたい」と 言ってくれることも 嬉しい

けど 君には君の人生があって

これから 色々な事を学び

世には 大きなプロジェクトが 溢れていて

君さえ 習熟すれば その意思を続けて行けば

大きな仕事も出来ると思う

わざわざ わしのような 親方業に進む必要も 無いと思う

お父さん そうなったら寂しいけど これは君の人生なんだから

君が選べば それでいい

ただね 万葉にしか出来ない 万葉だから出来る

そんな事を 見つけて欲しい

お父さん ずっとじゃないけど 万葉を見てて

「良い子に育ったな」って 思っている

素直で そこそこの向上心があり 愚直で 優しく

大工衆も 素質は認めてくれているので そこは本当なんだと思う

修学旅行で イタリア行って

良かったろう 感動したろう

あれが 文化の或る場所の建物だよ

圧倒されるよね 人はここまで物を成熟させる事が出来るのか

感動だよね

あんな物見せられると 自分でもチャレンジしたく なっちゃうよね

頑張りなさい

あんまり勉強し過ぎると 馬鹿になっちゃうので

勉強し過ぎず 技術を習得しなさい

君の性格なら きっと出来る

進みたい道に 進んで行ける

お父さんは 応援してるよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ

「内田工務店IN秋芳ロイヤル クリスマスパーティー」

愉快な仲間達・今年一年お世話になった施主の方々

一堂に会して 大忘年会

こんな 小難しい わしと一年付き合ってくれて ありがとう

縁してくれて ありがとう

これからも 一緒に 生きて行きましょう

感謝と感動の 「光の時間」を 体感しに行く

やらなきゃいけない事 満載だけど

今日も 一日 突っ走ります!!!

エイエイオ~!!