株式会社 内田工務店

スタッフブログ

告知にも なっていないが

2022年 08月 11日 (木)

現在 ありえん程 仕事量満載で

ブログ所では ないのだが

後追い 告知も いかがな物か なので

本番 当日なのに 告知

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日TYS企画 「竹で流しそうめん」

に わし 及び 大工衆が 出演

先月 TYS古賀君から

「そうめん流しを 企画したいのですが 協力して戴けませんか?」

の連絡を受け

初回打ち合わせが 7/22

禅院弘を 「そうめん大臣ひろし」と 任命し

7/23・7/24と 試作品の作成

8/1 井上棟梁・田村棟梁・清水棟梁&TYSスタッフ(アナウンサー長岡君・原さん・制作古賀君含む)

みんなで 竹伐採

⇒ そのまま 棟梁衆3人で 竹の加工

加工のみで 数日かかり

8/3 約60mの そうめん流し 完成

8/9 視聴者プレゼント用の そうめん流しセット 加工組立

8/10 Mixスタジオ内の そうめん流し 仮組~撤去

昨日は 本線のそうめん流しまで 完成させることが出来ず

本日 8/11 結局 内田工務店の 大工衆 総勢7名が TYSに張り付き

本線のそうめん流し(約60m)&投入口&作業場&スタジオ内そうめん流し(約30m)

朝より 作成

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わし自身

大型リフォーム物件3件

その他リフォーム物件 約30件

「手つなぎの家 着工」「伴歩の家 着工」

「悠々の家」「和音の家」「歩む家」「書の中の家」現場段取り

「歩む家」の見学会準備

「歩む家」「書の中の家」模型作り

他 もろもろ諸業務

を 同時にこなしながら

このTYSそうめん流し の 企画に 参加

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この 状況は わし的には かなり やばく

TYSそうめん流しについては

禅院君を 「そうめん大臣ひろし」に 任命した時点で

わし自身は ほぼ参加する意向はなく

TYS側にも わしゃあ 参加せんけえ

と アドバイザー的な立場で 大工衆に 任せようと思っていたのだが

昨日 打合せして 「そうめん大臣ひろし」に お前が 本番で しゃべれ

と 言ったのだが

なんと 「そうめん大臣ひろし」は 震える声で

「ぼっ ぼっく は しゃべれません 勘弁してください」

大臣の癖に 国会答弁が出来ないと おっしゃる

なんじゃと それでも 大臣か? おぬし わしを おちょくっちょるんか?

わしが 今 危機的な状況下に置かれているのは 分かっちょるじゃろうが

なんじゃと それは? わしが どう時間を 絞り出せ ちゅうんじゃ!!

・・・・・ 怒っても 仕方がない

よ~考えたら

わしが 勝手に 禅院君を「そうめん大臣ひろし」と 命名し 責任者とし

勝手に TYSの「そうめん流し」企画を 受け

制作の ほぼ全部は わしらあがする と TYS側に宣言し

(TYSスタッフも すんごい手伝ってくれたけどね・・・)

勝手に お前らが 責任もってやれ と 勝手な無茶ぶりをしたのは

わしに 他ならない

よ~考えんでも そうじゃった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と いう訳で

わたくし 内田工務店 親方 内田真一は

本日8/11 TYSのMixに 生出演します

きっと 今回の尺は 長いです

想像もつきません

本日 本業の打合せ・見積・諸業務 満載ですが

時間を絞り出して TYSに向かい

本線のそうめん流し・スタジオ内のそうめん流し・作業場作成に 口出しし

撮影本番に臨み

撤収作業も 付き合い

一日を 終えるつもりです

 

これは「お祭り」です

なんじゃかんじゃ 言って わしは 「お祭り」が 大好きです

仕事は もちろん 好きですが

「祭り」は 血が 沸き立ちます

 

諸業務を こなして

祭りに 突入じゃあああああああああ!!!!!!

 

 

またまた告知

2022年 06月 11日 (土)

朝メール見たら 古賀君から 使用画像のサンプルが届いていた

なので またまた告知

皆で Mixポーズをした

山口TYS Mix 6/13(月)夕方5:30分前後

皆 見てね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OB施主さん(巣籠りの家)から メールがあり

「内田さん 予告していましたよ!」との由

へ~ 予告迄するんじゃ

2~3分だろうに 感心な事じゃなあ

さてさて 10:00~打合せ(防府市佐野の「和音の家」)

13:00~打合せ(山口市 佐山「もうすぐ家の題意決定」)

その後 「悠々の家」にて 上棟式&餅撒き

今日も一日 モリモリ動き回ります

芸は 身を助ける

2022年 06月 10日 (金)

この前 ブログを更新したばかりだが

これは 告知する必要があると思われるので 御報告である

6/8 TYSのMixの 制作担当者から連絡があり

「内田工務店を取材させて貰えませんか?」との事

通常 こういうのって こちらが お金を出して放送して貰う物だと思っているので

かなり 疑い深く「本当に 単純に 取材したいんですか?」聞いてみた

どうやら 「山口市内の看板を頼りに 会社を訪問する」と言う 企画らしい

まさか 無料とは 思わんかったので 「わしで良ければ お受けします」と答えた所

「じゃあ明日 早速お願いします」と すんなり決まってしまった

昨日は 10:00~11:00の間 「悠々の家」にて 取材を受けた

上棟したての「悠々の家」

明日6/11(土) 夕方4時から 餅撒きもする

雨が降るが 家の中でする

Mix制作担当の古賀君から

「HP見たらタップのコーナーもあったので そちらも興味があります」との由

・・・・・・・・・・・お~ 殊勝な感想ではないか

ふむふむ わしのタップが見たいか そうかそうか え~子じゃ 古賀君は え~子じゃ

即座に「タップシューズも用意します!!」元気よく 答えた

1時間の取材の間 わし・大工衆 インタビューに答え

軽いステップも 見たく無さそうだったが 無理やり見させた 録画させた

作戦大成功である きっと ユーチューブの わしのリバーダンスの再生回数が増えるはず

2018年 公開の わしの「リバーダンス」の再生回数は 661回

2018年 公開の 阿武一華(わしの娘)の「折り鶴のはばたき」の 再生回数は5671回

2019年 公開の 一華の「ラビリンスワルツ」の 再生回数は 2687回

親として 示しがつかない状態が もう4年以上続いている訳だが

起死回生の一打となるか?

Mixでの 放映は 6/13(月) 夕方5:30前後 との事

(Mix自体は4:50~)

期待はしてないが 期待してるぞ

 

録画も終わり 古賀君からメールが入り

<原文のまま>

本日はお忙しい中、皆さんお集め頂きましてありがとうございました。
内田さんのお話、半分は放送出来ない内容でしたが笑、とても面白かったです!!
〒753-0292 山口県山口市大内千坊6-7-1
TEL 083-923-6122 FAX 083-923-8840
携帯 090-5280-8966
 <月~金・16時50分~19時00分>
ニュースから旬の情報まで何でも「ミックス」
半分は 使えないって どういう事? と 思いはするが
ほらほら 古賀君は え~子じゃ ほんに え~子じゃ
会社の内容案内は あんまし無いかも知れんが
わしのタップは ちょびっとは 使ってもらえるはず
6/13(月) 夕方5:30前後
全員で テレビの前で 正座して見たい所だが
残念ながら その日は 総出で「和音の家」の棟上げをしているはずなので
残念!! わしらあ自身は 見れません
無念だが ビデオで 後日チェックとなる
ほんの数分の放映だとは 思うけど
皆見てね!!!
見た挙句 「あんな工務店には じぇったいに頼まん」
と 思われない事を 神に 祈るばかりである
そそくさと 仕事に戻ります

見つけられたら簡単

2022年 05月 25日 (水)

う~む どうやら ブログ書き込みは年に数回の

稀な行為となりつつある と言うか なっているのだが

ちょびっと 時間が出来たので つらつら書き連ねてみる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月19・20「森の中の家」完成見学会開催

「これは どうじゃ」と 威張りたい位 え~家なので

もっと沢山の人に見て貰いたかったが

一日5組限定なので 目一杯の参加者では あったので

まあ 良しとする

テーマは 「森の中」なので やっぱり木が盛沢山だったりする

跳ね出し梁で 回廊風にしてみた

こんなのどうじゃろう? って 感じである

まだまだ 見どころ満載だったりするが 興味ある方には 個別で お見せする事になる

「森の中の家」のAさんとは 「育む家」の見学会で出会ってから

二年以上の月日が流れたことになるが

縁あって Aさんの住まいを造らせて貰い

設計から完成まで Aさんと一緒に「森の中の家」を

手を携えて造り上げた満足感が ある

わしは「家造りのプロ」であり

「大工衆の親方」であり 聞かない事も多いけれど

「寄り添って」家造りを して行きたいと願っていて

「良い仕事」をしたいから 大工衆にも「良い仕事をさせたい」から

「一緒に造っていける人」と契約して

一緒にコツコツ

その人の為だけの「良い家」を造り上げて行く作業を愛していて今回も ホンニ え~縁を頂いたなあ~

引き渡しの説明をしながら 感慨深い物があった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月19・20「遥香の家」完成見学会

出会ってから一年半 土地探しから始まり

ようやく完成

 

準防火地域の制約があって 中々に難しい所もあったけれど

内田工務店らしい家が又一つ生まれた

Kさんの想いを形にして行く作業は 楽しく

一つ一つ物事を決めて行く作業も 始まったら あっと言う間だった

Kさん家族の生活も始まり 幸せになって貰いたいと願う

家を造っていて いつも思うのだが

わしらあは 「幸せの御手伝い」を しているのだ

じゃけど 残念ながら 「御手伝い」は出来ても

本当に 幸せかどうかは 「建て主家族の日常」であって

その家族 その家族の 「生活感」であって

Kさん自身が 幸せの積み重ねを して行くしか 無いのだと思う

そう思うと 自分自身 無力だなあ~と 思う物の

アシストは 出来るはずで

わしらあに 出来る事は 極力 今後もして行きたいと思っている

横着かもしれんが

わしは 「業者」じゃけど

「縁してくれた人」「建ててくれた人」の 同志だと思っていて

同じ地域に住み 同じ時間に生きる者として

一緒に 幸せになって行きたいと 願っておるのだよ

防火地域なのに 「板張り」の脱衣室

もちろん 下地に不燃ボードは 張っている

「湿気の多い場所(脱衣室)は板張り」は 内田工務店のポリシーである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も 山口市の「安心住まいる助成事業」が 5月から始まった

と 思ったら 予算枠に達して 5/27にて終了

5/16の募集開始から バタバタと申請書を作成して

10件の提出を 終了した

時間は かかるかも知れんが 一つ一つ こなしていく所存である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「悠々の家」基礎工事中

6/11の上棟式に向けて 準備中

じぇったいに 良い家にする 所存で 御座る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「和音の家」基礎工事中

6/18の上棟式に向けて 準備中

二週連続の上棟となるが きっと梅雨に入る事になると思うので

この辺りは 時系列は アバウト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「歩む家」大工工事中

清水棟梁 奮闘中

サポートは 井上棟梁

外壁の塗り工事は 本日終了

外壁の色決め・内装決め・照明器具の決定作業に突入

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「夫婦船の家」内装工事中

小江棟梁の作業は ほぼ終了

6/18・6/19の完成見学会に向け 最終追い込み

6/10には 「見学会のお知らせ」の 折込チラシが入るが

「もうこれはもう」ちゅう位 「見事に良い家」です

来週位には ホームページにも 見学会の案内をアップするので

チェック 宜しくです

上棟式と見学会が ダブってしまっているが

上棟式優先なので 6/18は あんまし見学出来ません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「書の中の家」田村棟梁&禅院大工 奮闘中

結構敷地は 狭いのだけど

「こんな事が出来るのか」ちゅう位 Nさんの想いと

わしの想いを ふんだんに盛り込んでいる

自分で言うのも難ですが 「ステキ」な家です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「幸の家」5/8 引き渡し終了

Eさんの親戚筋に建築業者が あったにも関わらず 指名して頂き

持てる力は 全て ふり絞った つもりです

まだ住んでおられないけど ボチボチ無理の無い様に 引っ越しして

快適な暮らしを 満喫して下さい

「住まい方アドバイザー」の資格を取得して

プランニングはかなりアップグレードしていると

自分自身感じている

収納技術も 向上してしまっているので

それ以前のOBの方には すまない事をしちまったなあ~とも 思う

わしも職人衆も 毎年 微妙に アップグレードしているので

毎回「今が一番」なので そこは 勘弁してほしい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「秋穂の大規模リフォーム」吉松棟梁&見習い荒井 奮闘中

1月に工事を始め

ようやく 大工工事の最終コーナーに差し掛かった

凡その検討をつけて 解体しながら

「あ~しちゃろう こ~しちゃろう」の繰り返し

持てる力の最大限を 各部屋に詰め込んで行く

或る意味 新築より難しかったりする

夏休みまでには 終わらせて

Yさん家族の笑顔が 見たい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にも 計画中の新築・リフォームを 抱えながら

日々 ジタバタする 毎日で

4~5年前の わしだったら パニクッている気もするが

棟梁衆のスキルも上り わし自身のグレードも上り

何とか出来る物ではある

「好きな事」を 毎日しているのだから

当然 ちゃあ 当然 なんだけどね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘の「一華」が 中学生になり

段々 大人になって行くのを 見るにつけ

「何になりたいのか」「何がしたいのか」

本人が 見つけられないでいるのが 可哀そうだなあと思う

「ピアニストになりたい」「人に良い音楽を聴かせたい」と

本人は 言うのだけれど

それって 「人類皆 平和に」みたいな 呪文と えっと 変わらず

具体性が無く

見つけられないのだろうなあ~ と 思う

わしは きっと幸せだった

物心ついた時には 「大工になりたい」「工務店のオヤジになりたい」

と 思っており

タマタマだが なれて 現在に至り

「工務店」が 人生の軸で 「巡り合った人と一緒に 幸せになる」軸は

子供の時から変わらず

なので あ~じゃ こ~じゃも 人生殆ど無かったのだが

見回してみると そんな人間は稀であり

「何がしたいのか」「何になりたいのか」

見つけること自体が 難しいんじゃろうなあ~ と 思う

見つかってしまえば 努力するだけの話であり

辞めなければ コツコツ続けさえすれば

その目標に 必ず近づく物なので

話しは簡単になって行くのだろうと 思う

確かに 子供の頃は 何にでもなれると思っていた

願えば ウルトラマンにでも なれると思っていた

今でも わしは ウルトラマンになりたいと思っている

叶わない望みだけど 思っている

これは 努力では どうしょうもならないので夢でしかないが

「何になりたいのか」 見つけられたら

きっと人生は 豊かで楽しい物に なっていくのだと

お父さんは 思っているのだよ

息子の「万葉」は 小学生から「建築士になりたい」と

言っており 今もその道に進んでいるので

こちらに関しては ほぼ 心配してないのだが

一華は どうなるんじゃろう

見つかると良いね 願っちょるよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

棟梁衆や 職人衆を見ても 思うが

「したい事」「その為に しなければいけない事」

が 明確で

或る意味 幸せな職種なのだろう

日々日々 コツコツ 積み重ね

わしらあには それしかないのだとも 思う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「夫婦船の家」

じぇったいに 良い家です

見ないと必ず後悔すると 断言できる

見に来て貰えると 嬉しいです

 

 

吐きたくない言葉

2022年 02月 22日 (火)

う~む またもや 前回から二か月以上経ってしまったぞ

日々 猛烈に走り続けていて

ブログは優先順位では かなり低い所にあるので

お座なりに なり勝ちなのだが そうこう言っては

あまりに更新しなさ過ぎにも思え 書き込み時間限定にて

つらつら 書き込んでみる

もう二か月以上前になるが

「内田工務店INセントコア山口 クリスマスパーティー」

にぎにぎしく約130名にて 開催

コロナ禍の中 皆 楽しんで貰えたようで

わしは 大満足だよ

施主 施工者(=内田工務店) 関係業者(=愉快な仲間達)が

一堂に集い 上下関係なく 談笑し 笑い合う

こんな光の空間は 何度体験しても 飽きない物で

わしゃあ 工務店やってて 本当に良かったなあ~

そう思う

御施主さんは まだしも

大工衆も愉快な仲間達(=協力業者)も

わしに 酒を注ぎに来ないのは

もう 見慣れた光景になってしまっており

「いやいや パーティー費用の半分は わしが出しちょるじゃないか」

少しでも思ってしまうと やはり 一抹の寂しさは ちょっぴり感じる物の

それを前面に出すと また

「内田は 小さい奴じゃ」と あらぬ噂をたてられるので

わしは こう見えて大人なので

そこは じっと我慢

まあ 娘の一華が作曲してくれた

お父さんの為のタップダンス曲(=タランテラ)を

金子先生に振り付けして貰い

パーティーの席で 無理やり観させる

わしの神経も どうにかしている っちゃあ しているので

「おあいこ」と言う事に しておく

今回は 木材市場の数井君が 隠しネタの「手品」をしてくれて

これは 中々のレベルで 大好評を博したので

また 今年も やってもらうつもりである

金子先生と相談して 今年は久々に「リバーダンス」をしよう

と言う事になり

昨年末から 令和4年12月3日のパーティーに向けて

練習を始めた

久々に 踏むステップなので 最初の一か月は恐る恐るだったが

既に ボチボチの所まで 踏むことが出来るようになって来た

まだ9ケ月あるので 今年の12月には

かなり高精度な「リバーダンス」を 披露出来るはずである

誰も期待していないような気も 若干するが(本当は 大いにするが)

山口県で タップやっている酔狂な奴は10人に満たないので

「希少動物」を 見るつもりで 見て貰えたらいい

わしのステップで 興味が沸いて 教室に入って貰えたら なおの事 良い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年 走り続けたので

久々に 工務店の皆の衆に 長期休暇を取った

1/28~1/6まで 休業

わし自身も1/30の二件の打合せ以外は 休みを取り

ホテル西京(長門) ソラージュ(大分) 清流庵(福岡)

と 家族で温泉旅行に いそしんだ

どの旅館も もんの凄く良くて わしの「お気に入り」である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1/7から 怒涛の日々が再開され

なまじっか休んだしわ寄せが 津波の如く 押し寄せ

必死に 防戦する毎日が続き

ようやく まあ許せる範囲の 仕事量に 落ち着きを見せ始めている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「天空の家」1/8引き渡し

コロナで LDの照明が入ってこず それでもKさん家族は暮らし始めた

快適に住まわれているようで 何よりの事

やっと照明器具が 入って来たので 取り付けて 内田工務店の仕事は終了

 

「森の中の家」2/19・20完成見学会終了

まだ外構工事(内田工務店とは無関係だが)が残っているので

住まわれるのは4月以降に なる予定

またまた スンバラしく 良い家を建ててしまった

自分で言うのも難ですが Aさん家族にとって 最高の家が

一緒に造る事が出来たのは わしの幸せでもある

「住むまでは 見たい人がいたら 見せても良いですよ」

と ありがたい言葉を頂いているので

見たい人は わしの携帯090-9411-3051に一報を

わしの土日のスケジュールは 3月一杯迄 真っ赤っ赤だが

なるべく時間を 作って 見て貰いたいと思っている

やっぱ 自分の作品は 「どうじゃ!」って

見せびらかしたい物なのですよ

どうせ わしゃあ 子供なのですよ

 

「遥香の家」内装工事中

3/19~3/21の完成見学会に向けて 着々

コロナで 物が極端に入り難いが なんとかなりそうになって来た

 

「幸の家」大工工事中

田村棟梁&禅院大工 コツコツ中

大工工事自体は 最終コーナーに 差し掛かる

これまた 「え~家」なのだが

残念!! 諸事情により ここは見学会は 開きません

 

「夫婦船の家」2/5上棟式

わしが 二十年以上前に居た H工務店の時 担当させて貰い

わしは H工務店に 恩義こそ感じても 反目な事は したくないので

当然 営業活動のカケラも していないのだが

これは 「縁」と 言う物なのか

その後 娘さん夫婦の家(華丸の家)を 建てさせて貰い

おばあちゃんの家を改装させて貰い

今度は 老後の二人住まいの家を 請け負わせて貰い

ホンニ 長い長い 付き合いになっている

ありがたい事であります

小江棟梁&サポート井上棟梁にて コツコツ中

これまたまた 「もんの凄い 良い家」なので

完成見学会(=見せびらかし会)を 開きたいのだが

まだ 了解は 貰ってない

これからNさんと 打合せを重ね

更に 良い家に ブラッシュアップして行く

 

「歩む家」3/5上棟式

現在 ほぼ基礎工事完了

これまた ありがたい事に

H20年にHさんの親御さんの家(掘りコタツの或る家)を 建てさせて貰い

今回は 息子さん家族の家

またしても 「良い家」を 造ってしまう

担当は 清水棟梁

今 作業場で 上棟準備の あれやこれやを 作成中

3/1レッカー上棟にて 工務店大工衆 総集合体制で 向かう

 

「書の中の家」解体・整地工事完了

縁あり 設計契約して貰い

土地を見て 希望を聞くと 「巣ごもりの家」が参考になるはず

と 思い

Nさんと「巣ごもりの家」を 訪問して 気に入って貰えたようで

Nさん家族の生活スタイルで アレンジした形で 建築して行く

「この狭小地で ここまで出来るのか!」の空間を造って行く

 

「題意まだ未定」防府市 佐野の新築

農地転用・造成・開発許可 下準備を今月から始めた

建てるのは もう少し先だけど

Wさん 一緒に 一つづつ決めて行きましょうね!

 

「題意まだ未定」山口市 深溝の新築

実施設計中 工事は4か5月からなので

もう少し 一個一個決めて行く作業が残っている

 

「題意まだ未定」山口市 矢田の新築

縁あり 設計契約して頂き

現在 基本設計中

Nさんの

「色々な建築会社を見て来たけど 資産価値があるのは 内田工務店の建物だと思いました」

の言葉に 答えねばならない

じぇったいに 良い家を造るぞ!! エイエイオ~!!!!

 

「題意まだ未定」山口市 佐山の新築

縁あり 設計契約して頂き

先日 聞き取り終了

第一回目の プランニングが 始まる

持てる力は 全て出し切る 所存で御座る

 

「秋穂の大規模リフォーム」

先月から始め 水回り部分は 半分くらい終了

現在LDK工事に突入

全てが終わるのは 6月位までは かかると思われる

吉松棟梁&見習いの荒井 コツコツ中

 

「山口市 平井の大規模リフォーム」

昨日 引き渡し

Nさん家族の 新しい生活が始まる

一生懸命 造りました

楽しい家庭を 期待してます!

 

他 昨年から言われている 今年度のリフォーム多数

問合せ回答や 諸見積り

大回転の毎日 なのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この場では

このブログでは

基本 弱音は 吐きたくないし

悪口も言いたくないし

そもそも そんな良くない言葉を吐くと

良くない事が 起きるに決まっているので

日常生活から マイナスの言葉は 吐かない様に している

 

ただ ただ 何だか この頃悲しい感じも あったりする

引き渡しの時に 初めて

「どんな建築会社に 廻られましたか?」

「金額は 幾らでしたか?」

聞くようにしているのだが

ここ数年は いっつも 1000万円位の金額の開きがあり

わしは 絶対的な品質とグレードと職人気質を持って

作品造りをしているつもりで

「あなたの家を造る事について 誰にも負けません」

言った事は無いが 腹では何時も そう思っていて

その 施主さんと造り上げた作品が 他社と比べると

1000万円も価格が低い 事実を知らされると

何だか 悲しい気分に なったりする

内田工務店は 「安い」訳では 無くて

営業を持たない 現場監督を持たない

コーディネーターを持たない 専属経理を持たない

人件費を 極端に切り詰める事によって

「建て主のお金が そのまま作品へ伝わる」

お金の流れを作っているだけで

なので 人数割りの売上高は 通常建築会社の8倍を

ずっと保っていて

「巡り合った人の お金を預かって 仕事をしている」

つもりで

ANBで200社くらいの方々と比べてみても

そこの所は 全国でも 突出しており

だから 「お得な家造り」なのだが

余りに 金額差が大きいと

何だか 悲しくなってしまう

大工衆の給料を上げたり

愉快な仲間達の 施工単価を 上げてやりたい

そんな気持ちに なってしまう

「コストダウン」は 永遠の命題なので

うかつに そんな事は 出来ないんじゃけど

やっぱり 悲しかったりする

何で 分かって貰えんのじゃろうか

やっぱり 悲しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ~ やっぱり ダメじゃ ダメじゃ

こんな言葉を 吐くと

元々 超ポジティブな わしの か弱い心が

乙女チックに なってしまう

いかんいかん 元気一発 リポビタンD である

世界は わしを 待っている(はずである そんな気がちょびっとする)

悲しくなった その時は

クリスマスパーティーの 皆の笑顔見て

また 奮い立つのだよ

 

スゴスゴと 業務に 戻ります!!