株式会社 内田工務店

スタッフブログ

吐きたくない言葉

2022年 02月 22日 (火)

う~む またもや 前回から二か月以上経ってしまったぞ

日々 猛烈に走り続けていて

ブログは優先順位では かなり低い所にあるので

お座なりに なり勝ちなのだが そうこう言っては

あまりに更新しなさ過ぎにも思え 書き込み時間限定にて

つらつら 書き込んでみる

もう二か月以上前になるが

「内田工務店INセントコア山口 クリスマスパーティー」

にぎにぎしく約130名にて 開催

コロナ禍の中 皆 楽しんで貰えたようで

わしは 大満足だよ

施主 施工者(=内田工務店) 関係業者(=愉快な仲間達)が

一堂に集い 上下関係なく 談笑し 笑い合う

こんな光の空間は 何度体験しても 飽きない物で

わしゃあ 工務店やってて 本当に良かったなあ~

そう思う

御施主さんは まだしも

大工衆も愉快な仲間達(=協力業者)も

わしに 酒を注ぎに来ないのは

もう 見慣れた光景になってしまっており

「いやいや パーティー費用の半分は わしが出しちょるじゃないか」

少しでも思ってしまうと やはり 一抹の寂しさは ちょっぴり感じる物の

それを前面に出すと また

「内田は 小さい奴じゃ」と あらぬ噂をたてられるので

わしは こう見えて大人なので

そこは じっと我慢

まあ 娘の一華が作曲してくれた

お父さんの為のタップダンス曲(=タランテラ)を

金子先生に振り付けして貰い

パーティーの席で 無理やり観させる

わしの神経も どうにかしている っちゃあ しているので

「おあいこ」と言う事に しておく

今回は 木材市場の数井君が 隠しネタの「手品」をしてくれて

これは 中々のレベルで 大好評を博したので

また 今年も やってもらうつもりである

金子先生と相談して 今年は久々に「リバーダンス」をしよう

と言う事になり

昨年末から 令和4年12月3日のパーティーに向けて

練習を始めた

久々に 踏むステップなので 最初の一か月は恐る恐るだったが

既に ボチボチの所まで 踏むことが出来るようになって来た

まだ9ケ月あるので 今年の12月には

かなり高精度な「リバーダンス」を 披露出来るはずである

誰も期待していないような気も 若干するが(本当は 大いにするが)

山口県で タップやっている酔狂な奴は10人に満たないので

「希少動物」を 見るつもりで 見て貰えたらいい

わしのステップで 興味が沸いて 教室に入って貰えたら なおの事 良い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年 走り続けたので

久々に 工務店の皆の衆に 長期休暇を取った

1/28~1/6まで 休業

わし自身も1/30の二件の打合せ以外は 休みを取り

ホテル西京(長門) ソラージュ(大分) 清流庵(福岡)

と 家族で温泉旅行に いそしんだ

どの旅館も もんの凄く良くて わしの「お気に入り」である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1/7から 怒涛の日々が再開され

なまじっか休んだしわ寄せが 津波の如く 押し寄せ

必死に 防戦する毎日が続き

ようやく まあ許せる範囲の 仕事量に 落ち着きを見せ始めている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「天空の家」1/8引き渡し

コロナで LDの照明が入ってこず それでもKさん家族は暮らし始めた

快適に住まわれているようで 何よりの事

やっと照明器具が 入って来たので 取り付けて 内田工務店の仕事は終了

 

「森の中の家」2/19・20完成見学会終了

まだ外構工事(内田工務店とは無関係だが)が残っているので

住まわれるのは4月以降に なる予定

またまた スンバラしく 良い家を建ててしまった

自分で言うのも難ですが Aさん家族にとって 最高の家が

一緒に造る事が出来たのは わしの幸せでもある

「住むまでは 見たい人がいたら 見せても良いですよ」

と ありがたい言葉を頂いているので

見たい人は わしの携帯090-9411-3051に一報を

わしの土日のスケジュールは 3月一杯迄 真っ赤っ赤だが

なるべく時間を 作って 見て貰いたいと思っている

やっぱ 自分の作品は 「どうじゃ!」って

見せびらかしたい物なのですよ

どうせ わしゃあ 子供なのですよ

 

「遥香の家」内装工事中

3/19~3/21の完成見学会に向けて 着々

コロナで 物が極端に入り難いが なんとかなりそうになって来た

 

「幸の家」大工工事中

田村棟梁&禅院大工 コツコツ中

大工工事自体は 最終コーナーに 差し掛かる

これまた 「え~家」なのだが

残念!! 諸事情により ここは見学会は 開きません

 

「夫婦船の家」2/5上棟式

わしが 二十年以上前に居た H工務店の時 担当させて貰い

わしは H工務店に 恩義こそ感じても 反目な事は したくないので

当然 営業活動のカケラも していないのだが

これは 「縁」と 言う物なのか

その後 娘さん夫婦の家(華丸の家)を 建てさせて貰い

おばあちゃんの家を改装させて貰い

今度は 老後の二人住まいの家を 請け負わせて貰い

ホンニ 長い長い 付き合いになっている

ありがたい事であります

小江棟梁&サポート井上棟梁にて コツコツ中

これまたまた 「もんの凄い 良い家」なので

完成見学会(=見せびらかし会)を 開きたいのだが

まだ 了解は 貰ってない

これからNさんと 打合せを重ね

更に 良い家に ブラッシュアップして行く

 

「歩む家」3/5上棟式

現在 ほぼ基礎工事完了

これまた ありがたい事に

H20年にHさんの親御さんの家(掘りコタツの或る家)を 建てさせて貰い

今回は 息子さん家族の家

またしても 「良い家」を 造ってしまう

担当は 清水棟梁

今 作業場で 上棟準備の あれやこれやを 作成中

3/1レッカー上棟にて 工務店大工衆 総集合体制で 向かう

 

「書の中の家」解体・整地工事完了

縁あり 設計契約して貰い

土地を見て 希望を聞くと 「巣ごもりの家」が参考になるはず

と 思い

Nさんと「巣ごもりの家」を 訪問して 気に入って貰えたようで

Nさん家族の生活スタイルで アレンジした形で 建築して行く

「この狭小地で ここまで出来るのか!」の空間を造って行く

 

「題意まだ未定」防府市 佐野の新築

農地転用・造成・開発許可 下準備を今月から始めた

建てるのは もう少し先だけど

Wさん 一緒に 一つづつ決めて行きましょうね!

 

「題意まだ未定」山口市 深溝の新築

実施設計中 工事は4か5月からなので

もう少し 一個一個決めて行く作業が残っている

 

「題意まだ未定」山口市 矢田の新築

縁あり 設計契約して頂き

現在 基本設計中

Nさんの

「色々な建築会社を見て来たけど 資産価値があるのは 内田工務店の建物だと思いました」

の言葉に 答えねばならない

じぇったいに 良い家を造るぞ!! エイエイオ~!!!!

 

「題意まだ未定」山口市 佐山の新築

縁あり 設計契約して頂き

先日 聞き取り終了

第一回目の プランニングが 始まる

持てる力は 全て出し切る 所存で御座る

 

「秋穂の大規模リフォーム」

先月から始め 水回り部分は 半分くらい終了

現在LDK工事に突入

全てが終わるのは 6月位までは かかると思われる

吉松棟梁&見習いの荒井 コツコツ中

 

「山口市 平井の大規模リフォーム」

昨日 引き渡し

Nさん家族の 新しい生活が始まる

一生懸命 造りました

楽しい家庭を 期待してます!

 

他 昨年から言われている 今年度のリフォーム多数

問合せ回答や 諸見積り

大回転の毎日 なのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この場では

このブログでは

基本 弱音は 吐きたくないし

悪口も言いたくないし

そもそも そんな良くない言葉を吐くと

良くない事が 起きるに決まっているので

日常生活から マイナスの言葉は 吐かない様に している

 

ただ ただ 何だか この頃悲しい感じも あったりする

引き渡しの時に 初めて

「どんな建築会社に 廻られましたか?」

「金額は 幾らでしたか?」

聞くようにしているのだが

ここ数年は いっつも 1000万円位の金額の開きがあり

わしは 絶対的な品質とグレードと職人気質を持って

作品造りをしているつもりで

「あなたの家を造る事について 誰にも負けません」

言った事は無いが 腹では何時も そう思っていて

その 施主さんと造り上げた作品が 他社と比べると

1000万円も価格が低い 事実を知らされると

何だか 悲しい気分に なったりする

内田工務店は 「安い」訳では 無くて

営業を持たない 現場監督を持たない

コーディネーターを持たない 専属経理を持たない

人件費を 極端に切り詰める事によって

「建て主のお金が そのまま作品へ伝わる」

お金の流れを作っているだけで

なので 人数割りの売上高は 通常建築会社の8倍を

ずっと保っていて

「巡り合った人の お金を預かって 仕事をしている」

つもりで

ANBで200社くらいの方々と比べてみても

そこの所は 全国でも 突出しており

だから 「お得な家造り」なのだが

余りに 金額差が大きいと

何だか 悲しくなってしまう

大工衆の給料を上げたり

愉快な仲間達の 施工単価を 上げてやりたい

そんな気持ちに なってしまう

「コストダウン」は 永遠の命題なので

うかつに そんな事は 出来ないんじゃけど

やっぱり 悲しかったりする

何で 分かって貰えんのじゃろうか

やっぱり 悲しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ~ やっぱり ダメじゃ ダメじゃ

こんな言葉を 吐くと

元々 超ポジティブな わしの か弱い心が

乙女チックに なってしまう

いかんいかん 元気一発 リポビタンD である

世界は わしを 待っている(はずである そんな気がちょびっとする)

悲しくなった その時は

クリスマスパーティーの 皆の笑顔見て

また 奮い立つのだよ

 

スゴスゴと 業務に 戻ります!!

 

 

やっぱり 皆違って 皆良い

2021年 12月 06日 (月)

2021年度の「内田工務店クリスマスパーティ IN セントコア山口」

12/4(土) 124名 当日欠席も無く

滞りなく 終了する事が出来た

毎年の この行事

OB施主さん 大工衆 愉快な仲間達(協力業者)

良い事か 悪い事か よくは分からんが

施主と施工者と工務店の垣根なく 一堂に会するこの形は

わしにとっては とっても重要な事で

子供の頃から 感じて来た・実感してきた 「工務店の姿」は

このパーティーの 二時間に集約されていると思っている

 

工務店って 「とりまとめ業」で

多くの工務店・ハウスメーカー・建設業者は

自社の大工衆を 持っていないのが 通常で

わしの所は 自社大工のみの施工が 特徴とは言え

その他の工事は やっぱり外注となる

基礎・足場・レッカー・電気・水道・屋根・外壁・左官

板金・塗装・内装・解体・登記・建材・木材・美装

サッシ・リビ建・建具・住設・地盤調査・地盤改良・・・・・・

色んな業種が 積み重なり 絡み合いながら

一つの作品を 仕上げて行く

わしは それを とりまとめて 「一つの意思」として

この世に「住宅」として 形作って行くのが 仕事であり

それが 親方業だと 考えていて

わしは 頑固で わがままで 頑迷な人間なので

本当は 「自分一人で 作品を仕上げたい」と思ってて

じゃけど そんなことは 到底無理で

一人一人の 職人衆に 手助けして貰う形でしか

「その家族の住まい」を 造り上げて行くことは出来ない

 

職人って 基本ベースは 「物造りが好きな人間」であり

「物造り」に こだわり・執着しているからこそ 職人で

好きな事・出来る事が 違うからこそ

その職が 基礎屋だったり 板金屋だったり 大工だったり 解体屋 だったりする

一人一人は 個性の塊であり

みんな 「感じる所」のポイントは 違い

長所も短所もあり

一人一人を見ていると 「違うから良い」のだと思う

「みんな一緒」では 出来ないのだと思う

 

パーティーの時間って 僅か二時間半で

124名(わしを除けば123名) 一人一人に

わしの 思い入れがあり

一人一人と 話したいのだけど

絡み合うには あまりに短い時間で

やっぱり 始まったと思ったら 終わってしまう

あまりに短い時間の中で

皆違って皆良い

皆の事を わしは やっぱり大好きなんじゃよ

OB施主さんにしても

一人一人の家庭があり

主人にしても 奥さんにしても 子供達にしても

一人一人の 方向性・感じ方は違い

だからこそ そんな貴方だからこそ 「それが良いんだよ」と 思う

毎回の事だが 自分で 開催していて 今更だが

「違うから 良いんだ」と 確認させられ

その違う一人一人が 愛おしく 何だか 幸せな人生を 歩ませて貰っている

 

「作品(住宅)」は 大事で

その「作品」は わしの娘の様な存在で

わしの思う意思を 受け入れてくれている「大工衆」が

「大工衆個人個人」の「思い入れ」を 付け足して 仕上げて行き

ずっと 常駐している大工衆が 各職方(愉快な仲間達)に 意思を伝達し

これは 「意識の伝言ゲーム」だと思う

わしの 意思・意識が 多くの人を巻き込む事によって 増幅し

わし個人の 意思を超えて スンバラシイ「作品」が 生み出されて行っている

これは 間違いなく 「違う」から 出来る事で

同じじゃあ 出来て行かなかったりする

「違いがある」からこそ 「一つの方向に向かって 流れて行く」事が出来る

やっておきながら 不思議だが

違うのに 一つの方向に向かう事実に

毎回 新鮮な驚きを 感じているのだよ

 

先月 とうとう ANBと言う 全国工務店の集いの会 が 最終回を迎えた

約10年間 全国の様々な 工務店・建設会社と 巡り合い

視察させて貰い 経営者の意見を直に聞き

大工衆と一緒に 各地方の建築現場を見る事で

「内田工務店の立ち位置」が 全国規模で どんな場所に居るか

実感させて貰った経験は 何事にも代え難く

一社一社 直接見ると 直接話を聞くと

その会社なりの 存在意義が あり

それで良いのだとも思い わしらあは「違う」から「それでも良い」

と 確認できる 大事な場所だった

何だか これからは 「一人小舟の 大海原」みたいな感覚なのだが

何らかの手段で この「違う事への確認作業」は 継続して行く

 

パーティーも終わり

12/27の仕事納めまで もう 間もないが

また 一年

来年の12月第一土曜日のクリスマスパティーに向けて

本日より また 新たなスタートを切る

人生 倒れるまで 疾走し続ける 所存で御座る

わしは 前向きでしか倒れない

もんの凄い パワーを 皆から貰った

走り続けて 参ります

 

せわしいので ちょっとだけ

2021年 12月 04日 (土)

やっぱり 何やかやで ブログの更新が遅れる

前回から3ケ月も 経ってしまった

もう 今日は恒例の「内田工務店クリスマスパーティー」

昨年はコロナの影響で 80人以下だったが

今年は ちょびっとだけ コロナも下火で 124名にて

この日を迎える

午後からは 会場設営の準備があるので

あんまし ここでは 書き込めなかったりする

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ANBの事 仕事の事 プライベートな事

色々あるが

こんな 吹けば飛ぶような ちっちゃな ちっちゃな

秋穂の工務店の元に 本日 総勢124名での

クリスマスパーティーは 感慨深い物がある

何の為に 工務店やってるかって

この日の為に に 決まってるじゃん

OB施主さん 工務店の大工衆&わし家族&愉快な仲間達(協力業者)

一斉に集い 僅か二時間足らずの パーティーなんだけど

楽しんで 貰いたい

同じ地域に住み 同じ時代に生き

「家造り」と言う 共通項の中で たまたま繋がった人間が集まり

一時をすごす

わしゃあ 本当に 嬉しいよ

一年の感謝を込めて もてなさせて 頂こう

 

ホンニ 時間無いので

現場状況は ちょびっとだけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「織姫の家」引き渡し 今はもう Nさん家族の新しい生活が始まっている

良い家を造らせて貰った 幸せになって欲しい

 

「天空の家」最終コーナーになった

見学会は 12/18・12/19

とってもいい家です(見て驚くなよ と 言いたい)

見学会申込 受付中です

 

「森の中の家」大工工事終了

内装工事 塗装工事に突入

自分で言うのも難ですが 「どうじゃ この仕上がり感は!」

ちゅうくらい スンバラシイ建物になりました

えっへん おっほん で ある

 

「遥香の家」清水棟梁奮闘中

本日はパーティーだから休めと言ったが 出勤してきた

まあ良い 頑張りなさい

 

「幸の家」上棟終了

外部仕舞いも ほぼ終了 内部大工工事に入る

 

「夫婦船の家」

本日 地鎮祭終了

12/6確認申請提出 その後 着工

平屋の 夫婦二人の住まい

じぇったいに 良い家になる

 

「歩む家」

年内に確認申請提出の予定

パントリー・家事室・畳コーナー

ええ間取りになった 家族が元気になる家を造りたい

 

「書の中の家」

狭小地の二階建て

ぎゅっとしたプランニングで 家族の関係を深めたい

 

題意未定の新築二件 実施設計中

「神吉の家」内部仕様検討中

山口市平井の大規模リフォーム コツコツ中

山陽小野田市 西高泊の店舗リフォーム コツコツ中

他 検討物件10件以上

 

フルフルで 仕事をする毎日で 御座る

あ~ 時間が無くなった

この続きは 又のブログにて

本日は これより パーティーに 行ってまいります

というか 設営他 準備に 入ります

写真は 「織姫の家」

建築計画は 二年に及んだが

え~家が 完成した

家族みんな幸せになって貰いたい

秋穂の地より 祈っている

なんやかやの日々

2021年 09月 07日 (火)

う~む 前回ブログから5ケ月は 経ってしまったぞ

月に一度は 更新しようと 思っておるのですが

如何せん 相変わらず 怒涛の日々を 過ごしているのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月に募集が始まった 山口市 すまいる助成事業

リフォーム工事を 大小合わせて20件の申請

「これは 年内には 到底終わらぬのではないか」と危惧していたが

一つ一つ こなして行くと やはり終了へと 向かうもので

17件の目途と終了が ようやく出来た

残り3件 年内に頑張るのみである

大規模リフォームが残っているので まだまだなんだけどね

現実は 山口市以外の リフォーム工事も リフォーム計画もあり

OB施主さんのメンテナンス工事も有り

リフォームだけで 4月から 合計 約50件の物件を

こなしながらの 内容だったりする

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リフォームと並行して 新築物件も 着々と進めており

 

「織姫の家」

仕上内装工事中 10/16・10/17の見学会に向けて着々

今回 とうとう 清水君が 棟梁としてデビュー

良く頑張ったと思う やれば出来るじゃないか

平屋の38坪 子育て家族の住まい

今回も え~感じに 仕上がっている

この内容で この金額 自分で言うのも難ですが

じぇったいに 「お得感満載の住まい」です

「住まい方アドバイザー」としての知識も ふんだんに盛り込んだ

「収納」「動線」「家事時間短縮」「住まい易さ」・・・・

数年前と比較すると またまたパワーアップした家造りをしている

良い感じの家です

「天空の家」

田村棟梁&禅院大工 コツコツ中

リビングに 登り梁を入れて 空間構成をスッキリさせてみた

寝室&子供部屋は 天井3.5m

小屋裏書斎と小屋裏収納も 作ってみた

年末には ほぼ仕上がる予定

なので 見学会は 12月予定

「森の中の家」

小江棟梁&井上棟梁 コツコツ中

今回 「森の中」と言う位なので

自分の持てる 組み木の技術を これでもか ちゅう位 盛り込んでしまった

あ~あ~ ウッドショックと言うのに やり過ぎてしまった

木材の請求書を見て 真っ青になってしまった

やり過ぎてしまったのね

調子に乗り過ぎて しまったのね

久々に ワクワクして 軸組を考えたので まあ その代償なのだろうけど

棟上げも終了し 間違いも無く 思った通りに空間構成が出来たので

自分的には 満足している

色んな技を 仕込んでいるので

小江棟梁は 苦労するだろうが

小江君の 代表作になる事と 思う

来年1月くらいに 完成見学会の予定

 

「遥香の家」

確認申請終了 着工へと移行

担当は 清水棟梁

防府市 東三田尻にて

準防火地域なので 厳しい窓環境の中

内田工務店仕様の家造り

え~感じの家に 仕上げて行きたい

 

「幸の家」

今月 確認申請提出

10月着工に向けて準備中

実施設計は ほぼ終了

 

「神吉の家」

実施設計中

今時ちょっと無い 「入母屋二重屋根」の家

和の佇まいを 強烈に意識しながら 実施設計中

自分自身 「入母屋二重屋根」は 初めての体験なので

先代(修二)の事を 思いながらの 図面作成

これはこれで なんだか父親と 技術を争う感じで

楽しい作業ではある

 

「題意未定の 防府市 高井の物件」

基本設計終了 実施設計へ移行

親御さんの家を10年以上前に 建てさせて貰って

今度は 息子さん家族の家

親御さんの時は その時で 頑張っていたつもりなのですが

スミマセン かなり当時より スキルアップしています

空間構成の考え方は そのままなんだけど

「住まい方の工夫」「断熱気密処理の方法」「雨仕舞の方法」

一つずつ 進化した内田工務店を お見せできると思う

 

「題意未定の 防府市 田島の物件」

修業時代に H工務店で 建てさせて貰い

娘さん家族の「華丸の家」を 建てさせて貰い

おばあちゃんの家を リフォームさせて貰い

今度は 平屋の住まい

基本設計は終了し 実施設計に移行

「ぶちええ家」に する所存で 御座る

Nさん 一緒に良い家 作りましょうね!!

 

「題意未定の 山口市 楠町の物件」

基本設計 終了?

変わるかもしれんが 基本方針は このままの気がする

要望を聞いていると その土地を見てみると

二階リビングが ええんじゃないかと思い

提案したが なんか聞き入れて貰い

「巣籠りの家」を 案内して

二階リビングの利点を 分かって貰ったのが大きかったのかも知れん

きっと Nさん家族にとって え~家になります

これから 一つずつ 決めて行きましょうね!

 

「題意未定の 山口市 深溝の物件」

土地探しからだったが ようやく土地も確定し

いよいよ 本格的な基本設計に入る

基本要素は 聴いているので

色んな間取りパターンを 比較検討して貰う作業に入る

 

「題意未定の 防府市 佐野の物件」

これも 土地からだったが ようやく土地の確定も出来

本格的に基本設計に 突入

設計契約から 家族構成も増え

「幸せの家造り」に 邁進して行く 所存である

 

「秋穂の大型リフォーム工事」

新築かリフォームか 悩まれていたが

両方の資金計画の結果 リフォームに決定

プランニングと予算の 両方を睨みながらの 実施になる

リフォームにしても 「内田工務店の流儀」は そのままなので

温熱環境・自然素材・動線・使い勝手を盛り込んだ リフォームになる

一つずつ 決めて行く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のウッドショックは かなり厳しく

木材の値段が 上がったからと言って

家の請負金額は 上げたくないので

だからといって 材質も内容も落とせないので

だからといって 愉快な仲間達への支払い金額も下げられず

会社の必要経費は 既に極限近く 落しているので

今年は 見学会のチラシは 一切中止する事とした

広告宣伝費を 抑えるしか方法が無いのですよ

ネット上だけでの 見学会告知になるので

「知らない人は 知らない」に なってしまうけど

今年は これで 行きます

見学会は 通常通り開催するので

興味あれば 是非 予約下さい

じぇったいに 見た方がいい・体感した方がいい

「住まい造り」が ここに あります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月からの動き

4/5~4/7 朝倉の清流庵に宿泊

玉ちゃん夫婦、アニキ夫婦、ふくでん家族、パパ夫妻、中嶋夫妻

&わしらあ家族 で まあ 楽しい楽しい一時だった

4/10~4/11 「展望の宿」見学会開催

お陰様で 予約満席

5/3 長門の西京ホテル宿泊

何度か泊まっているが ホンニ え~所では ある

来年からは 忘年会も ここで やるかも知れん

6/20 娘 一華のヤマハピアノコンクールで 神戸へ

コロナ禍の中 店は一件も開いておらず

夕飯は カップラーメン

一所懸命 弾いたようだが(わしは会場に入れんかった)

残念 東京ファイナルへは 進めず

練習しても 練習しても 足りない所は あるんだよね

でも 頑張る 一華さん

我が子ながら 頑張っていると お父さんは 思っているよ

また次回!

8月 親バカなので とうとうピアノ室を 作ってしまった

「奏でる家」の経験が生きて ボチボチの防音ルームが出来たと思う

家一軒分の断熱材を仕込み しっかり防音したつもりだが いかんせん

リフォームなので 十分な天井高さが取れず 十分な音響空間では無いけれど

毎日 一華が 部屋で練習する姿を見ると

お父さん 嬉しいです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日 毎日 なんやかやと 日々を過ごしている

 

朝 5時には事務所に出勤し

両親に 線香をあげ お茶を替え

新聞を読み

メール&FAXの 確認をし

緊急を要する物から 事務処理・見積り・図面書き

朝7:30頃 各 大工衆が 用事のある者は 事務所に立ち寄り

段取り&納まりの 話し合いをし

わしゃわしゃと 仕事をし

昼飯が食える時は 昼飯を食い

外出する時は 少なくとも3件以上の用事を 一度の外出で済ませ

また わしゃわしゃと 仕事をし

夕方 6時位には 仕事を終え

夕方の 打合せが ある時は 打合せに向かい

家族との旅行以外は 一切の休みは 無く

でも 基本ベースは 仕事が この「家大工(屋大工)」の仕事が 楽しく

そもそも 職人と言う者は 「造る」事が 好きで

わしも なかなか 経営者にはなれず

一介の 「親方業」と言う 職人で

何時まで 出来るのかは 分からないのだが

命ある限り 走り続けて行くのだなあと

朝 亡くなった両親に 線香を手向ける度に

只々 思う

コロナ禍の中 はじける時間は 少ないのだけど

淡々と 自分の出来る事を 続けたいと思う

子供の頃から 目標だった 職業に就くことができ

好きな事をやって 生活が出来

何の不満も無く

「職」にのみ 埋没する毎日は

それはそれで 幸せな事なのだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて 業務に 戻ります

出来れば 毎月 ブログの更新をします

 

出来んかも 知れんけど

 

 

 

 

 

久々の休暇に向けて

2021年 03月 26日 (金)

う~む またもや 前回ブログから 三か月も経過してしまった

毎度の事だが 別に 休んでいた訳では無くて 走り続けていた訳で

今も 走り続けている状態で

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1/4~1/6 家族で 南阿蘇の「癒しの里」に 泊まり

予約時は Go Toトラベルの関係で 残り一室となっていたのに

行ってみると 予約は ほぼ全てキャンセル状態で

1/4こそ 自分達以外に 一組の泊り客が あったが

1/5は わしらあ家族だけ

良い宿だっただけに 「癒しの里」の経営者&スタッフの皆さんが

可哀そうで やれんかった

阿蘇ファームランドに行っても あれだけあった土産コーナーが

「1/10以下ではないか」位に縮小されているし

観光客も ほぼ皆無状態

地震の後には コロナ

熊本は 好きな所の一つだけに 状況を見るにつけ

はあ もお やれんなあ~

悲しくなってしまう

元気を出そうにも 出し所が無い

観光地は 地元 山口にいるよりも

今は 空疎な状態になっていて

「疎」の塊に なっている

行ってあげた方が良いと思う

大切にして貰えるし 少しでも喜んでもらえる

そりゃあ 気を付ける人の気持ちも 分からんではないけど

行かない事は 「観光地を 自分達の手で 潰して行く」

事を してしまっているんじゃないかと思う

年末泊まった 長門の「西京旅館」も

年始に泊まった 阿蘇の「癒しの里」も

スタッフの皆さん 気持ちの良い人たちで

全くの「疎」状態で コロナとは 遠い場所に思う

ええ所じゃけえ 皆 行って貰いたいなあ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という訳で 1/6の休暇を最後に

一日も休まず ずっとずっと 走り続けて来た

例年なら 二年に一度の

「内田工務店&愉快な仲間達の貸し切りバスツアー」の

年なのだが

こんな状況下では とても開催する訳には行かず

ふと

小人数現地集合ツアーなら 出来るんじゃないかと思いついた

思いついたら即行動は わしの常なので

早速 わしの憩いの場所 福岡朝倉「清流庵」に電話

6室あるのだが オ~ノ~ 5室しか 押さえられんかった

でもまあ 押さえられたので良しとして

4/5 清流庵にて 現地集合型ツアーを行う

瓦屋の玉ちゃん夫婦・水道屋のアニキ夫婦・プレカットの中嶋夫婦

電気屋のふくでん家族&わしらあ家族にて

夜だけ一緒に食事して 後は各自 自由行動

この事を決めてからは もう この休暇を目標にして

日々 ガシガシ 走り続けているのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホームページにもアップしてるが

3/27・3/28 「寂禅の家」見学会開催

防府市の広告は 一か月前に予約しても 前週のチラシが取れず

今週に入ってしまったので スミマセン ほぼ予約満杯です

一日限定4組と 謳いながら 既に11組 予約済み

まだ 未発表ですが「展望の宿」の見学会を4/10・4/11に

開催するので 出来ればそちらに振り替えて頂けると 幸せまする

とは言え 未発表なのに 「展望の宿」も既に5組の予約済みなのだが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年から 現在の動き

 

1/9~1/11 「合歓の家」見学会開催

連日ほぼ予約満席状況で 十分な話も出来なかったと思うけど

来てくれた皆様 また 機会あればお会いしましょう!!

(よく あの大雪の中 来られました・・・)

 

 

 

1/16「海人の家」引き渡し

施主Kさんの

「道行くサーファーが 一旦通り過ぎて 引き戻して家を見るのが快感です」

そうか・・・・ 外観も確かに大事か・・・

おじさんには 不似合いな建物だが 施主が満足しているのなら それも良かろう

わしは やっぱり和風の それも数寄屋風の佇まいが しっくりくるのだが

一応 家造りのプロなので リクエストがあれば それに答えるのが務めなので

我ながら 「良いプロの仕事」を させて貰ったとは 思っている

「海人の家」 わしの家族の意見としては 「どらえもんハウス」らしい

いいえて 妙である

 

1/18 「合歓の家」引き渡し

新しいGさん家族の生活が 「合歓の家」で 始まっている

現在 引き続きの外構工事中

幸せになって貰いたい

 

2/2 恒例のOB施主さんへの巻き寿司配り

今年は 308本

例年は「秋芳ロイヤル」の巻き寿司だったのだが

残念ながら倒産してしまったので

今年は ザビエル記念聖堂前の 「おかずや」さんに 作って貰った

反響は 概ね好評で なによりでした

 

2/28 娘 一華のヤマハグランドミック全国大会ビデオ審査のビデオ撮影

予選が通ったので 全国大会一次予選へ コロナ禍なので 今回はビデオ審査

通過してくれれば 良いけど

一華 兎に角 よく頑張りました

 

日時は 不確定だが 息子 万葉の行く先も確定

徳山高専の専門科へ 進学

二年間頑張って 目標の大学院へ 進学出来たら良いね

建築士免許の取得へ「日建学院」に 通うと言い出し

まあ ええよ

お父さんは 日建行かずに 二級⇒一級と取得したけど

学校に ちゃんと行った方が 知識は偏らない感じがする

なんか お父さんは 自己流建築士だもんなあ~

頑張りなさい

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行事的には これ位なのだが

コロナ禍なので 講習会類が 全く無いのだが

仕事は 「これでもか!」位 こなしている感じが満載之介なのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「織姫の家」実施設計終了

農地転用届の後 造成工事から建築へ移行

 

「天空の家」実施設計進行中

これまた 農地転用 現在造成中

かなり 良い家になる事は お約束なので

スンバラシイ感じになるように コツコツ実施設計

 

「森の中の家」実施設計ほぼ終了

またまた スンゴイ家が 世の中に生まれる

Aさん 一緒に良い家造りましょうね!!

 

「神吉の宿」基本設計中

恐らく 内田工務店の代表作になる 作品となる

わしの持てる技術を全て 盛り込む所存で御座る

 

「題意未定の 東三田尻の家」 基本設計中

家族4人が 幸せに過ごせる空間を 創造したい

 

「題意未定の 小羽山の家」 初回聞き取り終了

結局 リフォームではなく 建て替えに決定

一回目のプランニングしますので 暫くお待ち下さい

 

「秋穂二島の 大型リフォーム」

60坪の全改装も 内部は ほぼ完了まで 漕ぎつけた

山口市のリフォーム助成が また5月から始まるので

5月を待ってから 外壁工事に移行

 

「秋穂二島(長浜)の 大型リフォーム」

これは 上記とは別物件

二週前から 瓦取替工事に始まり

現在 外壁交換工事に突入

全て終了までは あと3ケ月

 

「宮の前の家」

大工工事 ほぼほぼ終了

内装工事に突入

ここは 見学会は 開きませぬ

平屋の こじんまりとした家

家族三人の 終の棲家を造って行く

 

「東岐波の大型リフォーム」

今週着工開始 これから二か月かけて

「ゆったり楽々LDK」を 造って行く

新築に近い 温熱環境にして 収納も増やして

内田工務店の 志を注入して行く

 

他 設計契約直前 新築5件

リフォーム工事 予約・見積り中 約15件

 

日々 見積り・現場廻り・経理処理

わしは よく「設計屋」に 思われがちだが

「設計」の 仕事は 業務全体の1/10以下に 過ぎない

 

走り続けて わしの「親方業」を 全うして行く

 

次は 何時書くか 未定なのだが

体が 続く限り 走り続ける所存である

 

恐ろしい事に もう30年間 走り続けている

この体をくれた 両親に感謝なんじゃなあ~