株式会社 内田工務店

スタッフブログ

人が先か 技術が先か

2019年 11月 21日 (木)

う~む 前回ブログ更新から 既に2ケ月が経っているのか・・・

あまりに 恐ろしく時間が 過ぎ去っているものよ

そうこうしてたら もうすぐ

「秋芳ロイヤルIN内田工務店 クリスマスパーティー」の

第一弾・第二弾を 迎えてしまう

この時間の経過の速さは びっくりぽんだよ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回ブログから とうとう10月(もう11月の下旬なんだけど)に突入し

申請していた 山口市リフォーム助成事業の対象物件を 一件ずつ 着工~完工している

只今 5件ほぼほぼ完工済み 今年度中に 今かかっている物も含めて5件 取り掛かり

今年に出来なかった申し訳ない物件は 来年工事になってしまう

今年中に したかったのだけど

全て リフォーム済みの 快適な空間で住んで頂きたかったのだけど

ゴメンナサイ 間に合いませんでした スミマセン

現在 大工衆が5人の状態の内田工務店では これが精一杯でした

幾ら忙しくなっても 「大工工事を外注する」発想は わしには無いので

待ってもらうか 他の建築業者を選んで頂くかしか 手は無いのですよ

「申し訳ない」と 思いながら 今年度中 フル回転で 仕事をしていきます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「謳歌の家」

11/30・12/1の予約制完成見学会に向け もう少しで ほぼ完成

駐車場土間や塀やアプローチ工事を 同時進行中

自分で言うのは 難ですが 「とっても素敵な家」です

予約制なので 見学会の予約は お早めに!!

現在4組 申し込み済です

 

「紡ぐ家」

大工工事コツコツ中

こちらの 予約制完成見学会は1/18・1/19です

二世帯住宅 約60坪の大迫力

またもや 「もんの凄く良い家」を 造ってしまう事になる

わしらあって 天才じゃないかと思ってしまう

誰も わしの事を 褒めてくれないので 自画自賛である

 

「出穂の家」

外部左官工事終了 大工工事は 後二か月程度か

夏休みに 上棟したのに まだまだ大工工事は終了しそうにない

手間暇かけて 造って行く

 

「豊穣の家」

建築確認申請許可 本日降りたので 来週から基礎工事

12/25上棟 12/28の餅撒きに向けて これから準備

 

「再会の家」

本体建築前に 納屋が無くなってしまうので

約20坪の倉庫を建築中

こちらを年内に ほぼ完成させて 納屋の荷物を

新築倉庫に移動後 納屋を解体した跡地に 新築する

・・・・・・・・

この「再会の家」で 家族みんな暮らし

子供たちは 成長し 巣立ち

でも やっぱり 帰って来ようね

必ず又 会おうね 話そうね

人は 出会い 別れ 永遠に「出会い・別れ」の繰り返しをするけれど

生まれて来ても 別れる時が 来るのだけれど

必ず ここで この家で また会おうね

ここは 皆の故郷だから

この家は 皆の想いが詰まった場所だから・・・

そんな想いで 題名を 付けてみた

良い家に 仕上げたい

 

「海人の家(うみんちゅのいえ)」

ラフプランが出来る段階で 題名を付けるのは すごく珍しいが

海に まつわる題意は最初から決定していたので

このテーマで 家造りを 進める事にする

先日 ラフプランが 最終決定し

いよいよ 実施設計にかかる

ラフプランから 実施設計期間は 約一か月

練りに練って わしの「想い」を 図面化して行く作業に入る

「海人の家」に ふさわしい作品造りに 突入する

 

「題意未定の防府市 国衙の家」

来年10月着工に向け ラフプラン打合せ中

着工まで 時間があるので こちらは ゆっくり一つずつ進んで行く

 

「題意未定の防府市 大道の家」

本日 第一回目ラフプラン打合せ

二週間に一度ペースで 会いながら 理想の家造りをMさんと一緒に見つけて行く

 

「題意未定の宇部市 則貞の家」

設計契約して貰ったので 先日現地を見に行った

南西の角地 道路と周辺環境の関係を 目に焼き付けて帰った

来週 ラフプランと見積り提出

Gさん 一緒に 良い家 造りましょうね!

 

「リフォーム工事 諸々」

・防府市 大道の 全面大規模リフォーム 来年1月着工開始に向け 最終打合せ

・山口市 朝倉 カーポート&土間工事(約80㎡) 11月末~12月頭

・秋穂 宮の旦の浴室・脱衣室改装工事  スミマセン 来年初旬予定です

・小郡 新町の浴室改装  スミマセン 来年2月頃予定です

・秋穂 中条のリフォーム スミマセン 来年1月からです

・山口市 平井の色々リフォーム 年末~年始に工事予定

・山口市 平井のLDKリフォーム 12月工事予定

・山口市 江崎のWCリフォーム 12月初旬工事予定

その他に・・・

・見積書作成&打合せ要 5件

・工事ほぼ終了 請求書作成 7件

・打合せ済み 見かかり工事 3件

・OB施主さんの御宅のメンテナンス 毎週1~2件ペース訪問 手直し

 

兎に角 今年はリフォーム助成事業開始が10月に なった影響で

10月から リフォームが 順番待ち状態になってしまい 迷惑のかけっぱなしである

例年なら4月から助成開始なので ばらけて工事できるので 結構余裕があるのだが

今回ばかりは 「参りました」の状態です

「待って頂ける工事」しか お受けできないのが 辛い所ですが

待って頂けるのなら わしは 必ず打合せに行っておりますので ヨロシクです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

と この様な 工事状況の中

 

「母の病状」

目が覚める事は無い 右半身が動くことは無い と 医師から宣告されたに関わらず

奇跡的な回復をとげ 現在 結構歩けるようになり 流動食だが自分で食べれるようになってきた

まだまだ しゃべれず 意思表示も十分出来ないのだけど

意識レベルが 赤ちゃん程度なのだけど

リハビリを頑張っている

愛妻 一美が ほぼ日参してくれて

週に一度行くか行かないかの わしと比べて 物凄く気にしてくれて

ホンニ感謝している

一美は 元々 感情の量の多い人間だと思っていたが

ここまで 義理の母親にしてくれるとは・・・・

ありがとう 感謝です

「お礼に チューを」と しょっちゅう言っているのだが

この提案には

「OK 言いたい事は分かった 遠慮しとく ヤメテ!!」

拒絶反応が 著しい

なぜだ 減るもんじゃ無し チューくらい してあげるよ

愛を取り戻そうぜ!!

わしの願いは 彼女には届かないらしい

届け! わしの純愛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他の動き

10/13 娘 一華のヤマハ エレクトーンフェスティバル アンサンブルに同行

一華・愛華・彩乃のミラクル☆ファンタジスタ 残念 地区ファイナルに進めず

全員 ピアノ畑なので ペダルが十分使えない状態は エレクトーンでは致命傷か?

音も音楽も 良いんですけどね・・・

10/23 「家造りサポート協会の総会」全国には 結構頑張っている工務店が一杯ありまする

勉強会や今後の取り組みについての会議4時間

11/10 一華のJPTAコンクールに同行

やらかしてしまい 残念 奨励賞

「やらかさなかったら 行けたのでは」は 一美の感想

そうかも知れないけど これは これで 勉強だよね

11/14 「住まい方アドバイザー講座」昨年行けなかった

第二回目「片付けについて・原因」を 5期生と一緒に受講

近藤さんから呼び出され

「内田さん 合格だけど 頑張らないといけないよ」

「キッチンの片付け方の手順は 全然出来てなかったよ」

「基本は出来てるけど 住まい方アドバイザーの事をしっかり勉強してね」

「これから頑張って貰わないといけないから しっかり意識してね」

そうなのです

なんとか合格は していたのです

でも かなりな特例処置っぽいので あります

そりゃ そうだよな

同じ4期生の熱心さと わしの度合いは 違い過ぎると実感しちょります

今回 同じく再受講していた 高知の高橋さんなんか

夜行バスに乗ってまで12回の受講を完工

世には頑張っている女性の なんと多き事か

今回11回受けてみて(一回はパス)

各地に意識の高い女性が沢山いる事を再認識した

やらなきゃいけない事満載だけど

それはそれ これはこれで

「住まい方アドバイザー」を意識しながら仕事に励みます

近藤先生 これからもヨロシクです

11/17 一華のショパンコンクールINアジアの予選に同行

親バカかも知れないが 弾き終わった瞬間 優勝を確信

ほらね 金賞取れたじゃん

来年正月は 東京にて全国大会

目指せ 最終アジア大会

音を吟味し リズムを復唱し 想いを込め

一華なら きっと その場所に行けるよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日々 仕事をしていて 思うのだが

人の行動は 「その人の性格・癖」でしかないと 感じている

建築と言う職業に従事し 日々 物造りに携わり

そこには 系統付けられた論理と技術が必要で

いくら「想い」が あっても 技術を伴わないと へんてこな物になってしまう

「想いは あるけど勉強不足なんだよね」とか「想いは あるけど経験不足なんだよね」

なんて言葉は わしは 大っ嫌いである

建物は 文学と工学が融合した物で わしは そうだと解釈していて

公共建築なら 文学・意識レベルが高く 納まり(技術)が わやくちゃ も あるかも知れないが

(実際 カッコイイ・素敵な建物は 構造上の欠陥が多い)

わしが 携わっているのは「住宅」で

そこに 納まり(技術)が伴わない物を入れるのは 断じて出来ない

それを やっちゃあ お終いなんじゃないか

わしも 人間なので間違う事はある 知らない事の方が多い

じゃけど 知らんかったからと言って 言い訳しちゃあ お終いになってしまう

人は 生んでくれた人・家庭環境・周辺環境で 性格・癖が 決定され

その「性格・癖」ゆえに 色々な職業を選び

その職業の中でも「性格・癖」ゆえに 職業の熟練度合いが違ってくる

「技術が先だから 人が出来る」とは 到底 思えないのだよ

人があるから 技術を学ぼうとする

人があるから その先に進もうとする

わしは そんなものじゃないのかと思う

引き渡しの時に Yさんと話している中で

「フランチャイズやメーカーって 商品なんで 決まっていなければいけないんですよ」

と わしが 話すと Yさんは

「それって コンビニじゃないんですか? どこで売っても同じ物なんでしょ?」

そう返答されて

ああ そう言う事だったのか

わしの感じる 「誰が やっても同じ物が出来る」の言葉の違和感は そこだったのか

ANB(全国工務店会)で 良く話題になる

「入社一年目でも 10棟契約出来る」「技術が無くても 現場が回る」

「個々のスキルに頼らない 設計レベル・コーディネートレベル」

そんな言葉の数々に 戸惑い・違和感を覚え 嫌悪する

それは わしが 「技術が先ではなく 人が先だ」と 思い続けているから

聞く言葉に 違和感を覚えるのだと

Yさんと話していて 気付いた

家造りには 沢山の職種の人間が集まり

仮設・基礎・白蟻・木材・建材・住器・サッシ・大工・解体

左官・電気・水道・塗装・瓦・板金・建具・畳・廃棄処分・掃除

登記・土地斡旋・銀行・許認可機関・検査機関・設計・監理・・・・・

その一つ一つは 歯車に見えるかも知れないけど

一つ一つに 一人一人に その育った環境・家庭があり

歯車かも知れないけど その職業に携わる意識があり

職人なので「良い物を造りたい」「良い仕事をしたい」常の思い入れがあり

わしには その一人一人が 歯車には見えないのだよ

「依頼してくれるのも 人」「造り手側も 人」

人が物を造る としか 思えないのだよ

人なので 失敗もする 思い悩む事もある

でも なんとか しようと思う 上がって行こう・進んで行こうと思う

思うのは 人なのだよ

皆 それぞれの役目を持って生きている

歯車なんかじゃ ないと思う

「あなた じゃないといけない」理由が あると思う

技術を ないがしろにしては 決していけないのだけど

出発は 人でありたいと思う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一華のコンクールに同行して

小学4年生の段階で

中国地方・九州地方で「上手い・出来る」子も 粗方 覚えて来て

小学1~2年の時には思わなかったが

4年生となると 既に その子その子のカラーが 出ていて

みんな一生懸命 練習して

一杯泣いて 毎日泣きながら練習して

笑う事は 一瞬しか無くて

それでも ピアノを 毎日毎日 練習して

一華や それで良いのだと お父さんは思うよ

君の音は 君にしか出せない物に 段々なっていると感じてるよ

君の性格だから癖だから

練習も もっとやってる子に比べると やっていないけど

それも含めて 一華なんだと お父さんは思うよ

お父さんが4年生の時は 宿題もせず 石ばっかり投げてて

日々 な~んも考えんで 遊んでて

お父さんと比べるのも変だけど よ~やっちょると思ってるよ

辛いかも知れないけど

基礎は大事で ハノンは大事で ヤマハの基礎練習も大事で

それが出来るのは当たり前で

君の進むべき場所・進みたい場所は まだまだ その先にある

君の性格だから癖だから

どう技術を学んでいくか 君の方法で やっていけば良い

お父さんは 一華が 大好きです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

万葉や

夏休み 工務店でバイトしてくれて

模型を一緒に造って お父さん楽しかったよ

お父さん あまりに仕事が忙し過ぎて 万葉に 付き合ってやれず

各現場に 置き去りにして 大工衆の下テゴを ずっとさせていたが

見て欲しかったのは 各人 各職人が

何を思い どう動き どう造って行っているのか

と言う事で

「物は人が造る」のを 実感して欲しいからで

わしが そうとしか思えない所を 万葉にも感じて欲しいからで

君が 建築学科に進んでくれたことは 素直に嬉しく

今の所 「同じ道を進みたい」と 言ってくれることも 嬉しい

けど 君には君の人生があって

これから 色々な事を学び

世には 大きなプロジェクトが 溢れていて

君さえ 習熟すれば その意思を続けて行けば

大きな仕事も出来ると思う

わざわざ わしのような 親方業に進む必要も 無いと思う

お父さん そうなったら寂しいけど これは君の人生なんだから

君が選べば それでいい

ただね 万葉にしか出来ない 万葉だから出来る

そんな事を 見つけて欲しい

お父さん ずっとじゃないけど 万葉を見てて

「良い子に育ったな」って 思っている

素直で そこそこの向上心があり 愚直で 優しく

大工衆も 素質は認めてくれているので そこは本当なんだと思う

修学旅行で イタリア行って

良かったろう 感動したろう

あれが 文化の或る場所の建物だよ

圧倒されるよね 人はここまで物を成熟させる事が出来るのか

感動だよね

あんな物見せられると 自分でもチャレンジしたく なっちゃうよね

頑張りなさい

あんまり勉強し過ぎると 馬鹿になっちゃうので

勉強し過ぎず 技術を習得しなさい

君の性格なら きっと出来る

進みたい道に 進んで行ける

お父さんは 応援してるよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ

「内田工務店IN秋芳ロイヤル クリスマスパーティー」

愉快な仲間達・今年一年お世話になった施主の方々

一堂に会して 大忘年会

こんな 小難しい わしと一年付き合ってくれて ありがとう

縁してくれて ありがとう

これからも 一緒に 生きて行きましょう

感謝と感動の 「光の時間」を 体感しに行く

やらなきゃいけない事 満載だけど

今日も 一日 突っ走ります!!!

エイエイオ~!!