継続 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

継続

2016年 08月 03日 (水)

先週より掛かり切りだった 「心の家」の上棟終了

まあ 暑かったが 雨が降らずに 木材を濡らさずに済んだのが一番

毎度の事だが 上棟で 自分の仕事の80%は 終了した気分になっている

内田工務店の作品(建物)は 「構造体がそのまま 『住む空間になる』」造りなので

上棟の時点で その家の「本来の形=完成形」は ほぼ終了した事になっていて

「木組みの間違い=空間の歪み」に なってしまうので

工事全行程の中で一番神経を使う

自分が独立して15年

この上棟までに向かう緊張感は 慣れる事が無く

毎回 緊張し・神経を尖らせる 全身全霊で 挑む感じ

プレカット図のチェック 梁寸法のチェック 壁パネルのチェック

空間に どう木材を見せて行くかのチェック

基礎伏せと土台とのからみ N値計算と筋違パネルのバランス

家具・エアコン・換気扇・窓の空間配置の再確認

内部建具・外部建具の納まりの最終チェック

基礎~上棟まで A4用紙で確認して行く作業は

枚数を数えると 恐らく1000枚は優に超える

現実は ここまでに無数のプラン・見積り・納まりの検討を既にしているので

一万枚以上の紙面を チェック・検討している事になる

この作業を終了して初めて 上棟の日を迎えているので

柱を建て・梁を組み・屋根パネルを伏せた時点で

「あ~ わしの仕事は終わったのお~」と 思う

実際は その後 実際の建物の中で

御施主さんと 照明・コンセント・スイッチの位置決め

キッチン・UB・WC・洗面の機種決め

内装打合せ(色など)・外壁色決め・収納内部の棚位置決め等々

現場で10回~20回程度打合せて 100%の現場を120%に仕上げて行く

失礼かも知れんけど プランの段階の前に

御施主さんの趣味趣向・結婚の理由・生い立ち・生活観・社会観を 根堀り葉掘り聞くのは

イメージを伝えて貰う事で 「この人だったら こんな空間が好みだろうなあ~」と

建て主の替わりになって イメージを形にするのが わしの役目だと思っているからなんじゃよなあ

上棟の時は 建て主のイメージが 現実の形になっている訳で

その時には ほぼほぼ空間は決定しているので 自分にとっては 上棟は第一ゴールなんじゃなあ

その後 打合せしながら 空間に色付けし・肉付けし 引き渡して 第二ゴール

引き渡し後 時々電話がかかってきて 家の様子を見に行くにつけ

家と工務店の関係には 最終ゴールは ないんじゃろうと思う

「住まう」と言う事は 「時間が継続する」と言う事なので

消耗するし・故障するし なにがしかのメンテナンスは必要で

自分の生ある限り OB施主さんの家 と わしの関係は 続いて行くのだと思う

DSCF6012DSCF6016

「心の家」上棟完了

ほんま 「笑顔あふれる明るい家」に したいものである

Iさん 一緒に 「良い家」造って行きましょうぞ