株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2013年 12月 25日 (水)

 二回に渡る 内田工務店IN秋芳ロイヤルを 先日終えた
 なんで 工務店を やっているか って
 この 忘年会の為に やっている様な物なので
 「この一年 駆け抜けて走り続けて来たなあ~」「一年終わちまったなあ~」
 
 まだまだ 残りの工事はあるが
 リフォーム三件は年をまたいで残し
 「めばえの家」の仕上げ掃除を 来年に持ち越し
 「一緒の家」の年明け棟上を 控え
 「奏でる家」の実施設計を 数枚残し
 「新緑の家」の模型作りを 来年に持ち越し
 「ひまわりの家」の実施設計を 数枚残し
 計画中のリフォーム工事 6件を持ち越し
 
 今年も終わりを迎える
 
 今年の第二回目の「内田工務店IN秋芳ロイヤル」では 甦町屋演舞もタップもなく
 50名程度のOB施主さんと 50名程度の秋芳ロイヤル自身の御客さんとの会で
 人数も少なかった為 初めてOBの方々と 多少なりとも話す事が出来た
 有料なのに よ~もまあ 来てくれるなあ
 わしゃ 涙ちょちょぎれそうだよ
 建てさせて貰って 住んで貰って 一年に一度 ほぼ強引にパーティーに誘って
 OB施主さんの子供達は 微妙に成長し
 わしが 年を取って行く様に OB施主さんも微妙に年を取り
 OB施主さんの 生活の ほんのちょびっとだけど
 内田工務店グループと「同じ時」を 過ごして貰って
 ホンニ 自分の人生で一番幸せな時の様に感じている
 
 三年前に 引き渡させて貰った「夢見る家」のKさんに
 「御蔭で 家族で暮らせる時間が長くなりました ありがとう」と 言って頂き
 工務店 冥利に尽きる
 わしが思う「夢見る家(=家族)」に わしの娘(=引き渡した家)が
 ちゃんと嫁いでくれている様で 何よりも嬉しかった
 わしが 夢見たKさん家族の姿に まだまだ100%の到達では ないのだけれど
 もっと 何か出来たかも知れないと 今でも思うのだけれど
 Kさんが お金を出してまで パーティーに来てくれて
 おまけに「ありがとう」まで 言って貰って
 わしは どうしたら この「恩」に 報いる事が出来るのじゃろうか
 Kさん 本当に ありがとうございます
 死なん程度に 頑張ります
 
 毎年 微妙に増え続けている この「内田工務店IN秋芳ロイヤル」
 協力業者・OB施主様・甦町屋又はタップの仲間に
 どう わしは 恩返ししていったら ええのじゃろうか
 引き受けてくれている 秋芳ロイヤルのスタッフにも感謝
 付き合ってくれている協力業者にも感謝
 甦町屋に タップ仲間に 感謝
 そして 何より この世界を実現させてくれる OB施主さんに感謝
 感謝だけでは 足りない気がする
 わしは どうしたら この恩を 返せるのじゃろうか
 ・・・・・・・・・・・・・・・・自分の小ささを ひしひしと 感じている
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一回目「内田工務店IN秋芳ロイヤル」は 例年の如く
 「スナック溌(ハツ)」に なだれ込み
 また 浅海とヌード対決
 「ミスター九州=浅海」と「わし=内田」の体格差は歴然で
 なんだか 「使用前」 「使用後」みたいで 恥ずかしいのだが
 大学時代から 「『長い夜』を歌いながらのストリップショー」は わしの「持ちネタ」なので
 これは やらねばいかん
 恥ずかしながら それでも やらねば いかん
 愛妻から 「しんちゃん え~加減にしときいや」「恥ずかしくないん」「バカじゃないん」
 いくら 罵られようと やらねば ならん
 今回は 興に乗って 「長い夜」以外でも ショーをして行ったが
 来年こそは 浅海に ニアピン程度の体に仕上げて
 二人で「筋肉マン体操」を したい
 風の噂が 流れて来て
 「内田さん 三度も脱げば満足じゃったろう」と 協力業者の共通認識だった らしいが
 チミ達 甘い
 わしゃ こんなんじゃ 満足しちょらん
 わしの 腹筋に皆の衆が 降れ伏すまで
 わしの 挑戦は続く
  ・・・・・・・・・・妻よ 男には やらねば いかん 事が あろのだよ
 
 パーティー最中 「酌に来る人数」を ネチネチ数えていて
 一時間が経過した頃
 「え~ 現在の所まだ三名しか来ておりません そんなに わしが嫌いなら はよお言って下さい」
 発言した途端
 「嫌がらせの列」が出来
 「なんじゃ 呼んじょって わしの酒は飲めんのか」「はよお 飲み干せ」
 一度注いだ癖に 嫌がらせの為 もう一度後列に回り 酌をする者も現れ
 協
力業者の面々は わしが「絶滅危惧種」でパンダと同様 保護すべき者だと 分かっちょる癖に
 「嫌がらせの酌」は やまず はあ わし 何杯飲んだか 覚えちょらんよ
 おぼっちゃま山本は わしの横に仁王立ちし
 「はっ こいつも酌して仕事を貰う ちっちゃい奴じゃ」と わしの耳元で囁き
 いやいや おぼっちゃま おめえが ちっちゃいんじゃ
 ・・・・・・・・・・・・・・・
 中庸 と 言う物は 無い物なのであろうか
 この 極端な「手酌の人数のブレ」は 毎年の課題
 なんで 毎年 こうなのであろうか
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「めばえの家」 昨日 養生上げ 終了
 来年の完成見学会に向け 年明け 仕上げ掃除に 入る
 今回も 「どえりゃあ え~家」が 完成した
 もう これは もう Sさん ならではの この「めばえの家」
 自信満々なので Sさんの おとうさんに
 「矢原で 最高の家だと自負しちょります」と 酔った勢いで 言ってしまった
 建てている本人が 「最高じゃ」と言っても 信憑性が 無いのかも 知れんが
 そんな事言っても 本当に そうなんじゃから 仕方ないじゃん
 どっから どう見ても 「最高に え~家」が 完成する
 Sさん家族の 新たなスタートが この家から 始まる
 H26年1月11~13日 完成見学会開催
 じぇったいに 今回も「え~家」で ある