親方の独り言 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2012年 04月 18日 (水)

 相変わらず 日々 バタバタ ジタバタしていて
 わしゃ 一体 日々 何しちょるんじゃろか の 業務内容が 多かったりする
 
 3/31、4/1 予約制の完成見学会をした
 見学会を開催する様になって5年目
 見学会を すると 有り難い事に
 OBの方も来てくれたり 協力業者も来てくれたり
 もちろん 新規の人も来てくれたりして
 それは それで良かったのだけれど
 新規の方は 実際 どの人が 内田に興味があって
 数ある建築業者の中の一つに加えようとしているのか全く判断つかず
 現在建築中の人や 他社で計画が決定したけれど参考までに見ておこう
 と 言う様な人も 混じっていて
 
 そねえな奴は見に来るな とまでは 思わないが
 せっかく わしを確認したいと思ってやって来て下さったのに
 ほぼ無関係の人と話をしていて(←わしには その人が他社で建築中とは知らされていない)
 1時間待っても話が出来ず 帰ってしまった人が 今まで多数 おっちゃったはずで
 実際 内田工務店と契約してくれた 御施主さんに 後になって聞いてみると
 大多数の人が 「あんたは わしらあを 相手にしてくれんかった」と言う感想で
 「こりゃあ どうにかならんかのお~」 と 数年前から思ってて
 今回 事前告知して 予約を募ってみよう と 思い立ち 実施してみた
 
 結局 土日の二日間 1時間刻みで 予約の方と会い
 予約無しの方とは ほぼ一言も口を聞かず
 飯を食う間もないほどに 沢山の方と話が出来た
 予約をして来ちゃった人 それぞれに「熱い想い」が 有り
 「合う人」 「合わない人」の区別も付き 充実した二日間だった
 
 わしは かなり我が儘なので 「値段だけみて 白い箱」を作ろうとしている方は
 わしとは 絶対 ソリが合わないので
 「白い箱を作るのが得意な○○ホームが良いと思います」と
 自分なりの丁重さで お断りしたのも2件あった
 
 わしは 「これは これで良い」と 強情に思っており
 世には様々な建築会社が有り 様々な人がおり
 ソリの合う建築会社と建て主が 結びつけば それで良い と思っており
 別に 「○○ホームが 悪い」「○○工務店は イカン」「○○ハウスは 建物とは思わん」等と
 批判も意見も した事は無く
 各建築会社 それぞれ 自分の土俵で 踏ん張っているのは重々承知しているし
 各建築会社 それぞれ スタッフ一同頑張っているから この困難の時代にあって生き残っている訳で
 かなり 素直に 「みんな頑張っちょるなあ~」と感じている
 
 今回の形式は 「見合い」みたいな物で
 わし(=内田工務店)を 見て貰う手段としては かなり有効だと感じたので
 次回見学会も 1ヶ月前から告知して 予約制にしようと思う
 
 
 先日 わしの地元の「宮の旦」で 菜の花祭りに よさこい出演した
 わしの親世代が やってきた この祭りも 主催者高齢化の為 今年で最後
 引き継いで わしが やれば良い様な物だが わしには その気力が無く
 残念ながら このホノボノ祭りも 見納めで
 最後の協力で 甦町屋社中メンバーに声掛けしての演舞
 この「菜の花祭り」は わしの親世代が 九州に視察に行き立ち上げ
 TV取材(全国放送)も二度受け 僅か40世帯のジジババ村が実施する祭りとしては
 もう充分な規模で わしも毎年 楽しみにしていたのだが
 やっぱり 今年で最後
 人のする事には 始めと終わりが有り
 わしも 何時まで 甦町屋続けられるのか 分からんなあ~ と ちょっぴり寂しい
 工務店に関しても わしは まだ後20年は 死なないつもりで
 20年は現役でいるつもりだが やっぱり わしの人生も終わりが来て
 わしが 先代から受けたこのバトンを 次は誰に渡すのか
 ボチボチ考えておかねば と 僅かに思う時も こんな事があった時には有る
 
 
 4/8川棚温泉 舞龍祭 が 開催された
 4/5時点で 体調不良が2名出て また ママアズ故に 夕方の時間が なかなか合わず
 全員揃った(舞龍祭参加者9名)事も一度も無く
 こねえな状態で 出れようはずも無く
 「今回は 辞退しようやあ」と 少なくとも一週間前には
 代表のわしが 決断しとかなきゃいけなかったのに
 優柔不断な わしは 4/6(金)の練習まで 「今回は辞退」と言えなかった
 一人抜けた6名の 合わせ演舞を何度も見て 「スマン辞退じゃ」と言えたのが 夜の9時
 昨年は 服部さんの弔い合戦だったので 是非出たかったが メンバー不足で辞退
 今年は わしの判断の甘さで辞退
 はあ 舞龍祭関係者に どんだけ迷惑かけているか 計り知れない
 旅館は予約していたので 音羽旅館に泊まらせて貰い
 舞龍祭は 現地で観た
 わしは やっぱり「観る側」より「観られる側」が好きで
 なんか敗戦投手が 試合を観戦している気分で 居心地悪く
 とは言え 人数少なくても頑張っているチームも多数みかけ
 次回こそ 甦町屋として 川棚の地に立ちたい
 決断力の無さが ホトホト自分自身 嫌になった
 舞龍祭 不参加にしてしまったので
 八代蛍祭り と 防府祭りに 参戦しようかと今 メンバー募り中
 提灯祭りに向け 準備して行く
 
 
 「豊潤の家」基礎工事中 5/13上棟式
 「はぐくむ家」実施設計中 実施図面あと数枚
 「春来の家」実施設計一旦中止 基本プランの再検討
 山口改装工事2件 宇部改装工事1件 まもなく実施
 山口水回り全面改修本日引き渡し
 改装計画中6件 外構計画~実施2件 新築予定3件 他こまごま8件
 グチャグチャになりそうなのを どうにかこうにか こなしている
 この状態が ずっと続いているので この頃少しは慣れ
 整理の仕方が それなりに上手くなっている
 やっぱ「慣れ」なん
じゃなあ~
 
 
 最後の菜の花祭り 路傍に咲く 菜の花と桜 わしの地元の原風景
 わしは ここで育ち こんな人間になった