親方の独り言 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2011年 05月 17日 (火)

  先月末 東京出張してきた
 
 わしの工務店と同じ様な陣容(社員体制)で
 年間17棟の新築を完工している工務店の社長がいて
 その人の話を聞きに びっちり二日間を 東京新宿で過ごした
 
 各地から その社長の話を聞きに集まってて 総勢約70名
 各会社の人達を見ると 元気一杯で みんな よ~頑張るもんじゃなあ
 
 講師の社長の様な体制が 自分の目標ではないので
 完全に参考になったか といえば そうでも ないのだが
 あ~こんな やり方も あるんじゃなあ~
 わし 足りんかったのは ここなんじゃなあ~
 気付きの多い二日間で
 また ここ山口で 自分は自分なりに頑張ってみようかと思っている
 
 東京行ったついでに
 甦町屋社中で わしの前の代表だった ○子(マルコ)と飲んだ
 彼女は 仕事の関係で 数年前に山口から東京へと住所を移し生活している
 真面目な頑張り屋さんで しっかり生きている女性である
 前回 4年前に東京に行った時も 夜は○子と飲んで
 ○子が山口に帰って来た昨年も 一緒に飲んで
 縁遠いながらも 時々 話をする間柄で
 甦町屋Tシャツのデザインも ○子の物であり
 ○子の妹の「イヨ」の御陰で タップダンスを始めた事もあり
 自分なりに 遠く関わっておりたいと思っている奴で
 もう東京も長いから 不満やらなんやらあろう と
 愚痴でも聞いちゃろうと思いながら ○子と居酒屋で飲んでいると
 「コンニチワ」と男性が来た
 ああ ○子の会社関係の人か と勝手に思っていると
 「内田さん 実は先月結婚した旦那です」と ○子が紹介するではないか
 ありゃ 何時の間に こんな事になっちょるのか
 ○子の不満を聞くつもりで 行ったのが
 いつの間にか 二人のなれそめ や 旦那の彦(ヒコ)の事 や 指輪の事 や
 震災時の二人の行動 や 終始「二人の・・・」 を 聞く役どころに なり
 
 彦は 代々下町育ちで 男の子なら 必ず「彦」が付くのが家風らしく
 出身は青山学院大学で わしは 青山の人は一人しか知らないが なんだか似ており
 穏便で衝突を起こし難く なんだか聞けば聞くほど その名の通りの「彦」で
 段々段々 あ~良かった良かった と 妙に 感動し
 良かったなあ~ 良かったなあ~と 何度 「彦」の手を握り締めた事であろうか
 
 遠く離れた地で 若い二人が人生を歩んでいる事で わしまで幸せな気分になった
 「はよ~ 頑張って ばしばし子供を産んでくれ」と 彦と○子に 御願いし
 わしの 知らない所で 人はそれぞれ 自分の道を歩いているんじゃなあ~ と
 ちょっぴり感動の 東京出張だった
 
 
 連休明けても なかなかバタバタが 納まらず
 「しなければ いけない事」満載で
 先週 やっとタップの練習に1ヶ月振りに行けた
 が まだまだ「しなければ いけない事」満載で
 もう少し もう少し と 日々を過ごしている
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「二人とポールの家」 玄関戸決定
 Sさんの頑張りで 立派な蔵戸が 玄関につく事に決定
 Sさんの 御陰で 古民具の世界を チョビッとかじる事が出来て
 一歩 一歩 え~家に 形造られて行く
 
 「光と風の家」内装仕上げ突入
 暖炉に乱石を初めて使用している
 なかなかに え~仕上がりに なっているんんじゃ なかろうか
 今回も また あ-じゃない こ-じゃない と 色々色々 やって見ている
 Mさんにしかない 家の誕生まで 残り一ヶ月を切った
 
 「囲む家」 前面みなし道路の 道路認定書類先決
 建てる前に 書類がいる事が なんと多い事か
 
 題意未定の 新築物件2件 現場調査 聞き取り調査に 突入
 防府;台所増築中 同じく 秋穂;台所改装中 防府;LDK・浴室・WC等大改装計画
 山口;食堂改装もうすぐ着工 その他 リフォーム諸々の計画・着工
 
 5/28は 秋穂ふれあい祭り エタ・維新・フリーダム
 5/29 もみ巻き
 6/11・12 「光と風の家」完成見学会
 
 東京は 動きが早すぎて わしには よ~ついていけん
 働くのが8時間でも 通勤で行き返り3時間の生活は
 忍耐が無いと 出来ん よ~みんな 元気に動けるもんじゃ と思う
 20代後半~30代前半の頃 2ヶ月に一度程度 東京に行ってた時は
 ウキウキ ウキウキ してたが なんだか みょ-に 疲れる
 出来る事なら あんまし行きたくない所でわ ある