親方の独り言 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2011年 01月 09日 (日)


 若干の工事を残して「集う家」の引き渡しを終える

 シンプルに組み立てて行くと こんなにも空間構成が上手く行くのかと
 自分自身が感動した現場だった
 今時珍しい3人の子沢山一家で
 香織、凌、菜々香の子供らしい元気一杯さ も気に入り
 特に 末娘の菜々ちゃんの 鼻水がびがびの笑顔に惚れ
 ああ わしは この『がびがび鼻水の笑顔』に 『カレーだらけの笑顔』の為に
 この子が このまま元気に育ってくれる為に 家を造るのだ
 そう思った現場だった
 Kさんの希望により オール国産材(構造・仕上げ共)の課題を貰い
 改めて 自分の「これが良いんだ」と言う仕上げを見直すきっかけになって
 また一段 内田工務店の「木の家」はグレードアップした
 自分自身 まさか「桧の床材」が標準で取り入れられるとは考えてもいなかった訳で
 今年からの 「木の家」は「桧の家」と 嘘偽り無く言える状態にKさんに して貰った思いがある
 H工務店での修行時代 Kさんの母親の家を 設計させて貰い
 縁あって 今度は 内田工務店としてKさんの 娘さんの家を 丸抱え させて貰い
 なんとも 縁 とは 不思議な物では ある
 「元気になる・幸せになる家」を 幸せにも造らせて貰い
 なんだか Kさん一家から 自分自身プレゼントを貰った気分になっている
 家は「わしの分身」であり
    「わし そのもの」であり
 「集う家」が Kさん一家と 添い遂げてくれる事を 願っている
 Kさん一家の「ニコニコ」は わしの宝物なのだよ
 ・・・・・・・・・・・「集う家」引き渡し後 秋穂に帰ってたら イヤに国道が混んでいる
 事故でも あったんかいなあ~ と思っていると
 国道を走る 間寛平 を発見した
 お~ なんだか 今日はラッキーデーだぞ
 一歩一歩 よっちらよっちら走る姿は 感動的な光景だった
 テレビで見るのとは 全く違う
 ナマで見ないと この感動感は無い
 なんだか感動 元気を貰った あの人は元気や幸せを ばらまきながら走っていた
 ちっこい写真だが ちっこいのが 寛平さん
 伴走一人で テレビカメラも無く 一歩一歩 よっちら よっちら 走っていた