親方の独り言 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2010年 12月 17日 (金)

怒濤の如く また 今年も過ぎ去ろうとしている

 毎年 毎年 しなければいけない事 が 微妙に増えて来て
 じたばた じたばた していたら 今年一年も終わりなんとしている
 昨年の丁度今時 妻は日赤で陣痛と戦っており
 去年の今日は 一華が生まれる為の戦いの中日だった
 男っちゃあ つまらん者で その痛みを知らないので
 ああ 去年はそうだったな と 漠然と思うのみで
 昨日 妻が「今日の今頃は 丁度破水して」
        「この時間には まだまだ陣痛ピークの半分の痛さで」
        「あの時の 助産士さんは 本当に良い人で」
 と思い出を 事細かに言っていたのを 聞くにつけ
 なんだか 男っちゃあ つまらん者だな と つらつら思った
 手を挙げて 「わしは ここに居るぞ」と 宣言したのが3年前
 御陰様で じわっと仕事も増え 親方衆を「遊ばせる事」も無くなった
 来年も今年並みに せわしく動いて行く事となる
 「そりゃ嘘だ」と言われるかも知れないが
 自分自身が「表」に立ちたい訳でも無く 出来る事なら「宣伝」も したくは無く
 ぼっちら ぼっちら気の合う職人衆と 自分を選んでくれた御施主さんと
 自分の好きな建物を造って行きたい だけで
 ただ それだけで
 何も 「表」に立ったり 「目立ったり」 したい訳では ないのだよ
 この前 Mさん と話していて
 「よ~ あんなちっちゃい広告で 見つけて 私の所に 来ちゃったですね」
 「なんかピン と来る物が あったのよ」
 「でも 初対面じゃ ないですか そんなに信用して良いんですか」
 「私が何年生きて来たと思ってるの 一目で『この人がどういう人か分かります』」
 「はあ~ そういう物ですかねえ~」
 「広告出したく無い って言ったって 出すからこそ 会えたんじゃない」
 ・・・・・・・ それも そうである
 人と交わり 人と過ごす事は 中々にパワーの要る物であり
 人は 人として到達出来るレベルは限られていて
 どんなに運動能力に優れていようと 頭脳が明晰であろうと
 それは 人としての範疇の中では という意味であって
 トラやライオンやコンピューターには なれなくて
 そこが また 愛おしくて 切なくて なんとも楽しい事では あって
 「わしが わしで ある」と言う事も 人としての範疇の出来事で
 この なんとも かんとも 抱きしめたくなる「人の世」に あって
 一度きりの この人生 ただただ 全うしていくのが わしの生き方なのだろう
 今年の秋芳ロイヤルは 総勢93名
 本日より タッパー内田 として 毎日 自主練習に突入
 年末 メモリアルゴルフ大会は38名
 年賀状書き 300通
 大島リフォーム終盤 「集う家」ワックス掛けのみ 「住ごす家」コツコツ中
 「光と風の家」基礎着工 テーマ未定の新築予定2件 リフォーム計画6件
 年内 精算物件4件 継続で「気に留めている物件」11件
 先月「甦町屋社中」新人3名入社 確定申告 設計事務所年系報告 工務店事業報告
 来年11月は 10日間休みを取って「ハワイでひたすら寝る」
 「あるむ」は山ちゃん継続予定 「エピ」の家族と又食事会したい
 協力してくれている親方衆・職人衆の事 一美・一華の事 親族の事
 一つ一つ思えば 一つ一つに思い入れが あって
 色んな事が 絡み合って 日々が過ぎて行く
 面白き事多き毎日 面白き事多き「人の世」 恥多き「人生」
 あと二週間