親方の独り言 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2010年 05月 12日 (水)

色々な あまりにも色々な事が

 ここの所ずっと ずっと 起き続けていて
 整理が ついているのか ついていないのか
 ただただ ミスの無い様 正直に生きる様 あがく様に過ごしている
 現場も好きだし タップも好きだし 甦町屋のメンバーも好きだし
 何よりも 妻と娘を 愛している
 ふれあう人が多いほど 人の生活領域に のめり込んでいく時間が多いほど
 色々な あまりにも色々な事が 日々 起きてきて
 あがき続ける自分を 客観的に観ている自分もいて
 「おまえは一体 何者であるのか」と 「なんで そう あがいて いるのか」と
 無駄な抵抗を 繰り返す日々を送っているのかも知れん と 思ったりもする
 わざわざ ここに書き込む様な事でも ないので どうも こうも 無いが
 毎日毎日 わしの身辺で起きている事を聞かされる妻に とっては
 かなり ええ迷惑であるので あろうなあ・・・・・・
 人は「一人でも かなり エエ感じに生きて行ける」と思っていたのだが
 妻と会い 一緒に過ごし 一緒の飯を食い 毎日毎日 飽きることなく小一時間は語らい
 ほぼ わしの一方的な話に終始する毎日を 許してくれて
 人は「二人の方が かなり エエ感じに生きて行ける」と 今は思っているのだよ
 カドの多い 体力任せのちょびっとだけ知恵のあるゴリラである わし自身が
 妻と会ってから ちょびっとだけ カドが取れた気がしている
 ちょびっとだけ 涙もろく なっている気がしている
 ちょびっとだけ 人に優しく なっている気がしている
 ええ事か 悪い事か 分からんが 変わって行っている事だけは確かである
 自分の生き方は 何事に対しても 「ありたい そうしたい状況を 思い描き」
 その一点に向かって 全力で突っ込んでいく
 その繰り返しの毎日で 単純な積み重ねの毎日で あがき続け 嘘を付かず
 思い描く世界に向かって 積み重ねていく毎日で
 それにしても なんだか ここの所色んな事が起き過ぎて
 今のこの場所を 通り過ぎると どんな世界が待っているのか
 想像が つかん
 想像出来んので 今年一杯 年末の秋芳ロイヤルクリスマスパーティーまで
 突っ走って みようかと思う かなり「しんどい」けれど
 わしが走り続ける事で 何人かが幸せになれたら良い
 ・・・・・なんだか 例によって とりとめもない
 ・・・・・・・・・・・「二人の家」完成
 完成見学会を 今週末・来週末 開催する
 遅くなったが 土曜日・日曜日と 床拭き・ワックスがけ 仕上げ掃除をして完成
 やはり 雑巾がけしていると Kさんと初めて会った時の事や
 工事途中の あんな事や こんな事が 脳裏を よぎり
 涙が ちょちょぎれ そうに なる
 自分で 言うのも難だけれど 見事に「良い家」に なってくれた
 職人衆の 「良い意志」が 壁や床や天井の そこ ここ に
 染みついている様な気がして
 わしは 神様は信じんが 「人の意志」は信じていて
 「良い空気」を持った人間は 「良い空間」を 造ると思っている
 この家の空気が 心地良いのは
 携わった職人衆 一人一人が「良い空間」を造ろうと
 念を込めたせいだろうと思っている
 仕上げの「真砂敷き」は 工務店が するもの なのだけれど
 トラック7台分の真砂が運ばれ この木曜か金曜に均そうかなあ と思っていたのだが
 土曜日 拭き掃除していると 施主のKさん が 現れ
 「内田さん 自分で出来ることは 自分でしますから」と 一輪車を押し
 「いやいや これは自分(内田)の仕事ですから」と 何度ことわっても
 「いや 私(Kさん)が しますから」と 汗みどろになりながら 整地して
 なんたて7台分なので 一日で終わる訳もなく
 日曜日 昼からは秋穂のスポーツフェスタでリレーの選手で出なきゃならんので
 朝5時から 現場でワックスがけしていると
 あらら 又 8時頃には 施主のKさん 現れ また真砂を均してくれている
 申し訳なくて仕方が無い わしゃ請負業者なのに 立場が無い
 色々 Kさんとは その時も話したが なんで こんなに感謝して貰えるのか
 わしには 訳が分からん わしはKさんと巡り会えて 本当に幸せだよ
 週末には 見学会の案内はKさん が してくれる
 「内田さん 私は どうせ毎日暇ですから 私に出来ることは何でもしますよ」 と
 朗らかに笑うKさんが 神様に見える
 Kさんとは 親戚でも 何でも無い
 「海の見える家」の見学会が 初対面で どうして そこまで他人を信用出来るのか
 わしは自分の事なので 自分自身を知っているが わしは そんな御大層な人間では無い
 なんだか 今回も 職人衆や施主さんに 助けて貰いながら
 「二人の家」が完成した
 雑巾片手に見上げる空間は なんだか光輝いて見えた
 わしゃ この「二人の家」が 大好きなんじゃよ
 
・・・・・・・・・・・ やはり どうも「思い」定まらず 散文 と なる
 もう 暫く あがき続けてみる