親方の独り言 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2009年 11月 01日 (日)

 東南アジア青年の船 の 青年達の受け入れ終了

 Hyder君 及び Phyo君 何れも いい奴だった

 秋穂の片田舎に住んでいて
 英会話教室に 行ってる訳もなく
 大学院時代の英語による授業から はや20年
 もお 日常に英語が 顕れる事もなく
 しゃべれるんかいのお~
 と 思っていたが 基本的に呑気なので どうにかなるじゃろ として
 準備も 何もせず 引き受けたが
 どうだったのだろうか よ~分からんままに 終わってしまった
 本当は もっと「生き方」そのものについて 語り合い たかったのだけれど
 聞くのは 何故にか理解出来ても しゃべるのが なんか片言で
 僅かな単語の かき集め言葉は 不自由な物だった

 不自由な会話の中でも
 彼ら二人が 一生懸命生きている様 は 良く分かり
 多民族国家のシンガポール と ヒンズーの国ミャンマー そのままの二人
 使っていたデジカメは ミノルタにキャノン
 インド系シンガポール人に 生粋のミャンマー人
 緩いイスラムに 緩いヒンズー
 公務員に 学校の先生
 結婚4ヶ月に 未婚
 ノンアルコール共通 ノンスモーク共通
 彼らの7週間に及ぶ長旅の始まりに こんな片田舎に二日過ごしてくれた事が
 良かったのか悪かったのか よ~分からん が
 兎に角もって 終了した

 わしには わしの人生が あるように
 彼らにも 彼らの人生が あり
 自国を愛し 家族を大切に思い
 生きて行く事に 日々日々立ち向かい 喜び悲しみ
 それぞれの人生を歩んで 行っとるのであるよ
 河は 何時も流れていて 増水の時もあるが 基本的には 同じ流れに見えて
 でも 同じ物が 流れている訳もなく いっつも違う某かが 流れの中にある
 たゆまぬ時の流れの中で たまたま二人と同じ時間を過ごし
 たまたま過ごした縁で 彼ら二人に幸あらん事を願う

 ええ人生を歩いて行って欲しい

 愛すべき若者(28歳&29歳)と 過ごせた何とも短い二日間だった

 ・・・・・・・秋穂まつり も 出演終了 その感想は又後日にて