株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2009年 09月 22日 (火)

 上領八幡宮秋祭り終了

 見学会場を5:00PMきっかりに 終了し
 預かっていた剪定バサミ&包丁を作業場に運び
 その足で上領へ 高速道路に乗り6:00に到着
 ママアズ&きゃば 先行到着
 上領の内藤さんと村上さんに挨拶した後
 ママアズの直前合わせ練習の合間 ママアズのちびっこ共と鬼ごっこ
 7:30分からの公演に突入
 「維新」に始まり
 「男なら」から 煽り踊りに突入
 「エターナル」で ヒートアップ
 「フリーダム」で 地元有志を交えた なんちゃって総踊り
 恒例の餅まき 地元スタッフ4~5名+ママアズ&きゃば ステージに上がり
 最終フィナーレ

 今回は いつものように 11:00からの出店手伝いからの ロングラン ではなかったので
 その間 1時間余り なんとも かんとも あっと言う間の出来事が繰り返された

 僅か4人の踊り子+煽り兼任なんちゃって踊り子 の 5人での公演
 客観的に見て どうであったのか うだうだ で あったのか
 「よさこい」的には うだうだ で あった かも 知れん が
 わしに とっては これこそ「よさこい」である

 上領の人達の 暖かい眼差しに包まれて
 スタッフの皆さんから ありがとう 良かったです 御苦労様と 言われ
 見知らぬ上領の オッチャンから「凄い良かったで ほれ 一杯行きんさん」ビール注がれ
 見知らぬ上領の オバチャンから キラキラ うるうるの目で 「良かったよ~」と言われ

 わしらあは 元気を届けに行ったつもりが
 逆に 勇気附けてもらい
 元気一杯になり
 1:00迄寝れず
 うとうと ぱっちり うとうと ぱっちり を 繰り返し
 仕方ないので 4:00頃から あんな事や こんな事に 思いを巡らし
 6:00より 仕事を始め 一区切りついて パソに向かっている

 やはり 人は人と混じり合う事でしか 生きて行けないらしく
 わしらあは 人と混じり合う すんごく有効な手段である「よさこい」を持って
 上領に 思いを 届け
 逆に 幸せを 一杯一杯 貰い

 人が生きて行くと言うのは こういう事で あるのだよ

 ママアズ&きゃば の きらきらした瞳 が まぶしく
 上領の人達の 暖かい眼差しが 嬉しく

 ああ わしは 今こうして また 上領の地に 立っているのだよ

 いつまで こうして 「立っている事」が 出来るか分からん が
 公演を 終了した途端
 また こうして 「立っている事」が 出来る日が来るのだろうか と
 不安もよぎるが
 いつか 「立ちたくても立てない日」 が きっと わしにも 訪れる はず だが

 わしは 今 幸せである
 「光に満たされた空間」に 昨夜は 確かに 自分の足で立っていた

 これが 人の世なのであるよ

  ・・・・・見学会半分終了 上領もあったので この辺りで「ぶっ倒れる」予定だったが
  逆に スーパー元気に なってしまった ありがたや ありがたや