親方の独り言 | 株式会社 内田工務店

株式会社 内田工務店

スタッフブログ

親方の独り言

2009年 06月 14日 (日)

 6月に入り 怒濤の増改築・新築工事ラッシュにて

 ぶつくさ言う暇も 正直なかった
 というか これから暫くは この状態が続いていく

 わしの廻りに 井上・吉松・古賀という棟梁衆がいて
 各場 各場に別れて 違う御施主さんの所に行っている

 図面打合せ・見積打合せをし
 「さあ これから工事に掛かりますよ」という時
 今まで接してきた 御施主さんの 性格と
 「合うんじゃないかな~」と思われる棟梁に担当して貰う

 なんだか変かも知れないが
 床の無垢小幅板一つを 取っても
 3人共 「やり方」が違う
 3人共 「仕上がり方」が違う

 仕事を見ていて 常々感じているが
 「性格なんじゃなあ~」

 いくら技術(腕)を 磨こうと
 ある一定レベルに到達すると
 そこから 性格 というか 癖 というか 生き様 というか
 造る物に 現れてくる
 
 「なんでも鑑定団」見ていると
 「ほんま そんなに高い皿なんかいのお」
 「こねえな ミミズの跡か ナメクジの跡か 分からん様な字が そねえしてええもんかいのお」
 そう思う
 
 一流に成る為には一流の物を分かる様に ならなければいけない
 とか 良く聞くが そねえな事言うても 分からん
 分からんもんは 分からんのじゃけえ 仕方ないじゃん
 わしゃ 一流に ならんでもええけえ 勝手にしてちょ
 なのでは あるが

 でも 事 「建築」に なると
 違うもんは 違うんじゃけえ と 思う
 変な話では あるが
 一件の家で 「違う手」(例えば 今回のように 井上・吉松・古賀が同時に) が 入った時
 ああ ここは井上さんやったな ここは古賀君じゃな ここは吉松さんじゃな
 分かってしまう
 性格が ボードや板の一枚一枚に 染みついている気がする
 自分自身 なんで分かるのか 訳分からん(ホントは分かってたりするけど 便宜上)

 修行時代の設計事務所時代
 先輩が3人にて その人その人の デザインを見ると
 「はあ~ 性格そのままじゃな」と思っていたが
 職人の世界も同じであるのだよ

 全く同じプランで 同じ材料で 同じ時期に 建てたとしても
 そこに関わる人間で 微妙に 「違う」物に なっていく

 「この人が良い」 「あいつは悪い」
 と 言うんじゃなくて
 「違うんだよなあ」 と 言う事
 ただただ 違う 性格そのまんまである

 物は人が造る物だ と 思っていて
 東芝 パナ トステム ミカド 三菱 日立 まあ何でも良いが
 そういう製造メーカーの営業マンと 会っても
 メーカーを 見ずに 人を見ている
 日立を見ずに「イソちゃん(日立の営業マン)」を見ている
 訳も分からない 名前だけの「日立」は 信用ならん

 自分自身の事は 自分自身で あんまし判断つかんが
 妻は「しんちゃんの建物じゃあ~」と 完成現場を見て言ってくれるので
 若干なりとも 某かの性格・嗜好が 現れているのだろう

 H工務店での修業時代
 社長から しょっちゅう
 「内田君やあ ええか ここはH工務店なんじゃから わし(社長)の建物や
 西岡(工務部長)の建物や 内田君の建物があっちゃあ いかんのじゃ
 統一性が ないと いかんのじゃ」
 言われていた 経験からすると
 良きにつけ 悪しきにつけ 「性格が出る物造り」を ずっとしているんだろうなあ
 まあ 普通に表現すると ただのワガママ野郎 なんだろおなあ

 でも 会う人 一人一人を じっと見てると
 同じ事してても 一人一人絶対に違っていて
 その人その人に魅力を感じないと 言うのは
 実は その人の事を よく見ていない か 知っていないか じゃ ないかしらん
 人は 知れば知るほど 面白いもんなのだよ
 たまに 人息で うんざりする事も あるが

 基本

 「人を知る」というのは
 その人の人生 生き様 を 「じっと 見る」

 「感じる」 「思う」

 事なんじゃなかろうかと 仕事しながら思う

 ・・・・・・・
 着工している「海の見える家」のヘタピイ模型
 どうせヘタクソなので 恥も外聞もない ええじゃん作っても
 と 思いながら 今回も作製

 薪ストーブを 久々にやるので
 また今回は 新趣向 ちょびっと改善型納まり 及び プラン
 エエモン 出来る予感満載

 わしゃあ 楽天家なんじゃけえ ええようにしか ならんのじゃけえ